FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

向羽黒山城~東日本最大級山城

向羽黒山城

福島県会津美里町

向羽黒山城は案内板によると「 戦国時代に伊達氏と並び称された芦名氏が築いた東北地方最大級の山城跡で、当時の政治・文化・社会を考える上でも貴重な遺構です。十六代芦名盛氏は黒川城(現若松城)を居城としながらも、本格的な山城として、1561年(永禄4年)、ここ岩崎山(向羽黒山)に築城を始め、八年の歳月を費やし1568年(永禄11年)完成させました。芦名氏滅亡後も伊達氏、蒲生氏、上杉氏の武将達の攻撃的城としての機能が続き、関ヶ原の合戦後1600年(慶長5年)廃城となりました。城跡の遺構として来る曲輪・虎口・土塁・切堀・石垣等々、中世城郭を知る貴重な姿が極めて良好な状況で残っています。 会津美里町教育委員会 」とあります。向羽黒山城は標高408mの岩崎山全域に築かれた中世の山城で東西約1.4キロ、南北約1.5キロ、山頂付近に設けられた一曲輪(本丸)を中心に二曲輪(二の丸)、三曲輪(三の丸)、弁天曲輪、水手曲輪、御茶屋場、北曲輪(盛氏屋敷)と主要な郭があり、要所には虎口、石垣、堀切、土塁、竪堀などが配され一大要塞化されました。向羽黒山城は平成13年(2001)に国指定史跡に指定されています。
「福島県の街並みと歴史建築より」


関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する