FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

武田信春館 山梨県甲州市

柳沢山慈徳院の境内が武田信春の館跡といわれています。
塩ノ山の東、重川右岸の台地上にあり、付近には青梅街道も通り交通の要衝に位置します。
武田信春は武田信成の子で南北朝時代、祖父信武・父信成と共に北朝方に属して活躍し、甲斐守護を継いでいます。
武田氏とこの地域の関わりを見ると、信春の父信成は抜隊禅師を開山として向嶽寺を創建し、また千野の継統院を菩提寺とするなど、両者の結びつきは強いものがります。
『甲斐国志』や『東山梨郡誌』によれば、応永20年2月の乱によて館が陥落したために、信春は萩原山中に逃れて柳沢に城を築いて居住し、同年10月23日そこで死去したと伝えられています。
また遺命によって館に寺を建立して、慈徳庵と名付けたといわれています。
館の規模は慈徳院の境内を中心に東西100メートル、南北147メートルの長方形を呈し、周囲には水路がめぐっています。
館の東側には「諸氏屋敷」「鹿子(かのこ)屋敷」西側には「馬場」、さらに北西には「女中屋敷」等の地名が残っています。





武田信春館 参道
武田信春館



武田信春館




武田信春館 1




武田信春館 墓所
武田信春館 墓



武田信春館 本堂
武田信春館 本堂






関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する