FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

革籠原防塁 福島県白河市

革籠原防塁







大河ドラマ「天地人」において、直江兼続が主君上杉景勝とともに、東征してくる徳川軍を、迎え撃つための「決戦の場」と定め慶長5年(1600)に防塁を築いた場所と言われています。

この地に徳川軍をおびき寄せ、常陸の佐竹義宣とともに側面から攻撃し、徳川家康を討ち取るという用意周到な作戦でした。しかし、家康は栃木県小山より引き返し石田三成との関ヶ原の戦い臨んだため、革籠原は「幻の白河決戦」の地となりました。

この防塁跡は、中世の館跡の土塁の一部とも考えられていますが、会津の向羽黒山城と同様、上杉家の土塁の特徴である二重土塁構造で、堀幅についても上杉家が築いたものと合致するなど似かよる点が多いと考えられています。

現存しているのは約370メートルですが、江戸時代の軍記物には数キロメートルにもわたって築かれたと記されています。




皮籠原防塁 駐車入り口
革籠原防塁 駐車入り口


皮籠原防塁 西側の遺構
革籠原防塁 西側の遺構



皮籠原防塁 北側の遺構
革籠原防塁 北側の遺構


皮籠原防塁 最東端の遺構
革籠原防塁 最東端の遺構




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する