FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

大日山城&布川城

大日山城&布川城




布川城


布川城


府川城は、中世末期の永正16年(1519)頃、豊島頼継が当時「府川」(布川となったのは近世に入ってから)と呼ばれていた台地に築いた城です。天正18年(1590)に豊島氏が滅んだあと、「府川城を守りて、常陸の佐竹義宣に備えるべし」と松平信一が府川城主として配置されています。この城は、現在の徳満寺付近一帯にありましたが、今は、空掘と土塁の跡のみが残っています。

遺構は、馬出の琴平神社と本丸跡の徳満寺本堂裏手に土塁に堀、土橋が残り二ノ丸は利根町の役場となっている。



大日山城

大日山城
北側から見た遠景

詳細は不明であるが、この塗戸町一帯も土岐氏の領土の一部であったことを想起するならば、土岐氏の家臣の誰かが拠っていた、と考えて大過ないであろう。[『龍ヶ崎市史中世編』より]
民家裏手の脇に、城への道が有り道左手に城址で見上げれば約15m位の比高なので直登し北側の隅にたどり着くと郭を周遊する事が出来ます。
郭内は孟宗竹が密集しており、なかなか探索不能で土塁上を行くのが無難です。
南西隅に櫓台と虎口が有り、西側には幅広の堀がなかなか見ごたえが有ります。



竜ヶ崎市周辺の城館





にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する