FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

26

長者山城~義家に滅ぼされた一盛長者

_DSC0213_convert_20160626192543.jpg
一盛長者屋敷伝




_DSC0219_convert_20160626192707.jpg
ニノ郭の土塁



_DSC0222_convert_20160626192638.jpg
主郭前の堀、土塁


_DSC0221_convert_20160626192619.jpg
突き当り奥が主郭



八幡太郎の通称で知られる源義家が、後三年の役(一〇八三〜一〇八七年)のとき、十万余の大軍を率いて奥州に向かう途中に、その長者屋敷に立ち寄りました。

長者は、すぐさま山のようなごちそうと酒を用意して義家一行を手厚くもてなし、その酒宴は三日三晩も続きました。

義家が奥州を平定しての帰り道、再び一盛長者の屋敷に立ち寄ると、前にもまして豪華なもてなしを受けたのです。

そこで義家は、『このようなおそろしいほどの大金持ちをこのままにしておいては後々災いのもととなる。謀反*5などをくわだてぬよう今のうちに滅ぼしてしまおう。』と考え、長者の屋敷に火を放ち、一族を全滅させてしまったのです。

この時、長者は秘密の抜け穴に逃れ、身をひそめておりました。しかし、抜け穴も義家の家来に見つかり、長者は出口まで追いつめられてしまいました。

出口のすぐ下は那珂川です。もう逃れられないとさとった長者は、家宝にしていた黄金の鶏を抱いたまま川に身を投げてしまったということです。

長者屋敷跡は、水戸市の北西に広がる標高三十二メートルの渡里町台地の北東部先端にあり、崖下には那珂川や田野川などの流域の低地・水田地帯が広がっています。

現在も土塁や空堀が残されており、古代末期から近世初期にかけて、しばしば豪族の館や城が築かれた所といわれています。

また、水戸市大工町の雷神様(別雷皇太神)の秋の例祭に奉納される「向井町のささら」で使われる三体の獅子頭は、一盛長者の財宝のひとつで、このとき家来によって運び出されたものだとの言い伝えもあります

現在の遺構は、中世戦国時代を通し使用された物だと思われます。
2016.6.25




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment