FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

国指定史跡 小倉城跡~比企城館跡群

小倉城跡 ①





小倉城跡 ②





 小倉城跡にかかわる同時代の確実な文書は発見されていないが、江戸時代の『新編武蔵風土記稿』では、戦国時代の関東に覇を唱えた後北条氏の重臣遠山氏を城主として伝えています。

 また、『武蔵志』では遠山氏、或いは上田氏とも伝えています。

 小倉城は、攻守一体で様々な工夫が凝らされた削平地をつらねた戦国時代の山城で、通称城山と呼ばれる山の山頂から中腹にかかえて所在している。


 本丸に相当する郭1と二の丸に相当する郭2を並列して配置し(並郭式)、郭1南東と郭2南西を堀切り、郭3、郭4を設けています。郭5は独立して井戸沢と呼ばれる谷に面することから「水の手郭」と判断されます。

 郭1は土塁の規模、虎口の構造、全ての導線がこの郭に収斂することから他の郭とは序列的に明らかに優先しており本郭(本丸)として位置づけられます。

 また、山裾から見ると南からは郭4―郭2―郭1、東からは郭3―郭1、北からは郭1北腰郭―郭1と階段を登るように進まなければ中心である郭1へは入れない構造(梯郭式)となっています。

 随所に折れ曲がった導線と虎口を設置し、鍵の手状の横堀と縦堀が組み合わされた大堀切、櫓台、二重堀切、連続縦堀など多彩な技法により普請されています。

ときがわ町hpより


縄張り図~現地説明板

_DSC0003_convert_20160307181452.jpg



三ノ曲輪石積


_DSC0031_convert_20160307181105.jpg



主曲輪北桝形

_DSC0102_convert_20160307181311.jpg



城址麓の大福寺


_DSC0001_convert_20160307125617.jpg


主曲輪

_DSC0103_convert_20160307125834.jpg


小倉城城址碑・主曲輪


_DSC0107_convert_20160307125734.jpg


主曲輪と三ノ曲輪の堀切

_DSC0046_convert_20160307181146.jpg


主曲輪~南虎口

_DSC0117_convert_20160307125859.jpg



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する