FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

仙台城・青葉城 宮城県仙台市

2015/10/04
宮城県 0
青葉城Google
青葉城Google











無題1005





片倉小十郎屋敷





北壁の石垣





慶長年間に伊達政宗が築造してから、廃藩置県・廃城令までの約270年に渡り伊達氏代々の居城であり、仙台藩の政庁であった。国の史跡に指定されている。伊達政宗が築城した仙台城は約2万坪で、全国規模の城であった。

幾度となく、地震などによる損害を受けながらも修復を繰り返し、奥羽越列藩同盟盟主として戊辰戦争を経るも、一度も戦火を見ることなく要塞としての機能を終えて、その後は明治初期から大正にかけてその大半が失われた。数少ない遺構であった大手門、脇櫓、巽門は国宝(旧国宝)に指定されていたが、第二次世界大戦時の仙台空襲により焼失した。現在では、宮城県知事公舎正門の建築に転用された寅の門の部材が残るのみである。

旧三の丸に所在する仙台市博物館から徒歩で向かうと、三の丸の遺構とともに、山頂に築かれた巨大な石垣を目の前に本丸に登ることが出来る。 本丸からは、仙台都心と仙台平野の北部を一望することが出来る。 隅櫓北西の旧二の丸はもっとも広大であり、現在、東北大学の敷地となっている。

青葉山に位置することから、「青葉城」という雅称を持ち、地元では「仙台城」ではなく「青葉城」または「青葉城址」と呼ばれることのほうが多かったが、現在では地元マスコミを中心に「仙台城跡」と呼称することが多い。

仙台城本丸付近は虚空蔵堂があったことから、1351年に「虚空蔵城」と呼ばれていた。 青葉山(あおばやま)の呼称の由来は、慶長7年(1602年)に福島信夫郡信夫山(当時は青葉山)から仙台城本丸付近に移された青葉山(せいようざん)寂光寺。寺はその後に北山へと移され、明治維新に伴い廃寺となった。青葉山の地名としての初出は1645年の仙台城絵図
である。




本丸御殿






無題123






人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます・・・・・・・・・・・・!!デジブックは2020年3月31日に閉鎖になりました、沢山の御視聴ありがとう御座いました。
宮城県