fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

24

天神城 群馬県利根郡川場村

0天神城@Google天神城@Google





天神城址は、弘治3年(1557)に沼田万鬼斉(顕泰)の隠居所として築かれたと言われます。

過去の調査によれば、この建物は、茅葺屋根、硬目板張、床板張、縁側付、兵庫矢倉、木戸、桟があったとされ、いわゆる城郭とは異なります。

この地は、薄根川と溝又川の合流点で、東と南が約30mの断崖絶壁になる天然の要塞です。明治初期までは1反近い面積があったといいますが、川の浸食により削られ現在に至りました。(昭和36年「川場村の歴史と文化」)。

加沢記によれば、万鬼斉が息子の沼田城主弥七郎朝憲を亡き者にし、末子平八郎景義に跡を取らせようとしました。永禄12年(1569)に万鬼斉は、この地で朝憲を殺害し、川場合戦を招きました。

その結果、万鬼斉は破れ、景義らと共に会津の芦名氏に身を寄せたといいます。その穂、沼田城は真田昌幸の持ち城となりましたが、天正9年(1581)3月に景義は沼田城奪還を目指して攻め寄せました。

しかし、昌幸の計略により、景義は謀殺され、13代にわたって利根沼田の盟主であった沼田氏は滅びました。


(現地案内板より)



1 駐車場から駐車場からの展望、駐車場が郭2??





2_20220524125822432.jpg





3 天神城





5説明板




4城址碑天神城 城址碑



6城址からの展望城址からの展望





7駐車場から




2022.5.23登城






人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment