FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

蒲生氏郷 ひばり野 滋賀県日野町

2020/07/28
武将伝 0
蒲生氏郷像1


六角氏の重臣で近江国蒲生郡甘野城主蒲生賢秀の子。幼名鶴千代,忠三郎賦秀。洗礼名レオン。蒲生氏は鎮守府将軍藤原秀郷の後裔。永禄11(1568)年織田信長に降った父賢秀の人質として岐阜に赴き同地で元服。信長は自身の弾正忠の官名の1字を与えて忠三郎賦秀と名づけた。12年信長に従い伊勢に戦い,同年の冬信長の娘を娶り日野に帰城。以後,信長に従軍し,朝倉攻め,小谷城攻め,長島の合戦,長篠の戦,などに参加。本能寺の変のときには,日野に在城していて明智光秀の勧誘をしりぞけて安土から信長の家族を引きとり父と共に籠城。秀吉はこれを賞して光秀の欠所地5000石を与えた。天正11(1583)年柴田勝家と戦い,秀吉はこれをよろこんで氏郷の妹を夫人に迎えた。また滝川一益の拠る伊勢国を攻め,その功により亀山城を与えられ,小牧・長久手の戦にも参加し,南伊勢に12万石を充行われ松ケ島城に移る。13年大坂で洗礼を受けてレオンと称した。15年九州攻めに参陣し,羽柴姓を与えられ,16年正四位左近衛権少将となり,松坂城に移る。18年小田原攻めに参加し,8月会津を中心とした陸奥,越後12郡42万石に転封し,黒川城に移る。その後,大崎葛西一揆や九戸政実の乱鎮圧のため出陣,その功により陸奥,出羽7郡18万5000石を加増され,総高91万9000石余となり(文禄3〈1594〉年検地)大大名となる。文禄1年上洛し,肥前名護屋に赴いた。同年若松城本丸が完成し,かつ城下町建設にも着手。墓は京都大徳寺。






人気ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
武将伝