FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

天龍寺 岐阜県可児市

2020/07/26
神社仏閣 0
天龍寺 明智光秀縁寺石碑天龍寺 明智光秀縁寺石碑




寛永2年(1625)龍雲和尚が武儀郡下有知村の龍泰寺27世正雪大和尚を招請し開山いたしました。
大正12年の焼失以前は本堂、開山堂、明王堂、鐘楼堂、禅堂などの建物がありました。
現在の建物は、昭和45年以後に再建されました。なお、寺伝によると伝龍寺といわれる廃寺の跡に建立されました。
宝筺印塔があり、明智光秀公一族の墓として祀られています。



天龍寺 山門天龍寺 山門






天龍寺 本堂天龍寺 本堂








天龍寺 本堂内







天龍寺 明智光秀 位牌と座像明智光秀 位牌と座像


可児市東部には、明智荘とよばれた荘園が広がっており、明智光秀公はここを治めていた土岐氏の一門である明智氏の出身とされ、土岐氏の家紋「桔梗」は、光秀の使用した家紋であったといわる。
 明智光秀の叔父光安・光久が城主であった時、稲葉山城主斎藤義龍の攻撃を受けて落城したとされる明智城。明智光秀公が生まれ落城するまでの約30年間過ごした城と伝えられており、明智城址の麓に天龍寺がある。
 明智光秀公の命日である6月13日にちなんで作られた、日本一大きい(6尺1寸3分)位牌が祀られており、戒名は「長存寺殿明窓玄智禅定門(ちょうぞんじでんみょうそうげんちぜんじょうもん)」。
 境内には〔前親衛藤原詮実、法名定栄、明徳5甲戌10月18日〕と刻印された宝筺印塔があり、明智光秀公一族の墓として祀られています。



天龍寺 明智光秀座像明智光秀座像







明智家累代の墓明智家累代の墓







天龍寺 Google
天龍寺 Google







人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
神社仏閣