FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

手取川の戦い  石川県白山市湊町

2020/05/03
史跡 0
手取川古戦場
手取川古戦場 Google




能登の七尾城では、天正2年(1574年)7月に守護畠山義隆が死去し、幼児畠山春王丸が城主となっていた。
天正4年(1576年)、越後国の上杉謙信は能登国を支配下に置くべく、2万余の軍を率いて侵攻した。これに対し当時の能登の領主能登畠山氏(当主幼年のため重臣の長続連・長綱連父子が実権を掌握)は七尾城に籠城する。七尾城は堅城だったため、戦いは翌年までもつれこんだ。
天正5年(1577年)、関東で北条氏政が攻勢を強め、関東諸将から救援要請を受けた謙信は、春日山城に一時撤退した。同年5月、畠山軍によって上杉軍が前年に奪っていた冨木・熊木の両城が落とされ、更に7月18日、長綱連が穴水城を攻めると、上杉家の重臣・能登甲山城の平子和泉は、轡田肥後・唐人式部を穴水城救援に向かわせたが、これを長連龍が水軍を率いて迎撃し、乙ヶ崎合戦で大勝し、轡田肥後・唐人式部・板倉伝右衛門(後に大聖寺城において討死)は船に乗り遅れ泳いで穴水城に逃げ込んだという。長綱連はなおも穴水城を攻めたが、ここに至り謙信は反転を決意し同年閏7月、再び能登に侵攻したため、七尾城に撤退した。
閏7月23日、一方の織田信長は、奥州の伊達輝宗及びその家臣遠藤基信に、越後の本庄繁長と謀り、上杉謙信を討つことを図っていたという。
長続連は上杉軍に対抗するため、百姓や町人までも城内に収容していたが屎尿処理能力が追いつかず、城内各所で糞尿が放置される極めて不衛生な状態となり疫病が発生。当主・春王丸までもが病死するに至り、畠山軍は危機的状況に陥った。
長続連は、かねてから誼を通じていた織田信長に救援を求めるべく、長連龍を使者として安土城に派遣した。信長としても謙信の勢力拡大は望むところではなく、即座に援軍の派遣を決定した。
この援軍は柴田勝家を総大将とし滝川一益・羽柴秀吉・丹羽長秀・斎藤利治・氏家直昌・安藤守就・稲葉良通・不破光治・前田利家・佐々成政・原長頼・金森長近・長谷川秀一・徳山則秀・堀秀政および若狭衆による4万の軍勢であり、8月8日に北国に向けて出陣したとされる。
ところが、この織田軍到着前の9月15日(10月26日)、以前より長続連が実権を握る事に不満を抱いていた遊佐続光、温井景隆ら親上杉派が内応して謀反、長続連をはじめとする長一族は皆殺しとなり、七尾城は落城した。
さらに上杉方は9月17日、加賀と能登間に立地する末森城を攻略し、山浦国清と斎藤朝信を配した






w300h300 手取側合戦古戦場 現状
手取側合戦古戦場




柴田勝家率いる織田軍は七尾城落城を知らないまま進軍を続け、梯川・手取川を越えて、小松村、本折村、阿多賀(能美郡)、富樫(石川郡)を焼き払った。しかし、その途中の水島(加賀郡)で、以前から勝家と不仲だった羽柴秀吉が離陣した。この離陣は無届けの離脱であったため、信長の逆鱗に触れ、太田牛一は迷惑だったと述べている。
一方、織田軍接近を知った謙信は、直ちに七尾城を出撃、手取川付近にあった松任城(加賀郡)に入った。対して、柴田勝家は全軍が手取川の渡河を終えた所で初めて七尾城落城と謙信軍の松任城入城を知り、即座に撤退を下命したが、その途上、謙信直率の上杉軍に追撃された(9月23日夜)。結果、織田軍は、鯰江貞利[5]をはじめ1000人余りの戦死傷者、さらに増水した手取川で多数の溺死者を出す大敗を喫した。
上杉謙信は越前丸岡城下坂井郡に進出したとされるが、正味2日で水島から丸岡を経て七尾へ移動するのは実現困難かつ無意味であるため、上杉側の創作と思われる。9月26日には七尾城に帰陣し普請に着した。この時、城に登った謙信は、眺望は噂に聞いたとおりの名地で、加賀・能登・越中の扇の要にあり、要害は海と一体となっていて、島々のありさまは絵に写すことの出来ない景色であると書き記している。次いで奥能登の松波城を陥落させ、能登をほぼ平定した。『満願寺所蔵松波義親肖像賛』には、天正5年9月25日、能登珠洲郡の松波城将の松波義親、上杉謙信と戦ひて死す、という記述がある。
10月3日、柴田勝家らは、御幸塚の城塞に佐久間盛政、大聖寺城に柴田勝家の手勢を残し、加賀から帰還した。
10月25日、謙信は、能登各城に鰺坂長実・遊佐盛光連署による、十三箇条の制札を掲げた。謙信は(中略)鰺坂長実を七尾城、遊佐盛光と能登畠山氏出身で謙信の養子となり上杉一門の上条家を嗣いだ上条政繁を能登に配置し、越中増山には吉江景資を入れた。謙信は(中略)能登珠洲群内の知行を宛行い(中略)、国内の知行を把握し整理を行った。






w300h300 手取川合戦古戦場 石碑
手取川合戦古戦場 石碑




この合戦を詠った「上杉に逢うては織田も手取川 はねる謙信逃げるとぶ長(信長)」という落首が残されている。「はねる」「とぶ」という言葉が、勢いに乗って追撃する上杉勢と、飛ぶように逃げ帰った織田勢の様子を表しているとされる。また、この落首には信長がその場に居たかのように記されているが、実際には本合戦に加わっていないため、厳密に言えば信長ではなく、織田軍の敗北といえる。
大局的にはこの状況の中松永久秀が信貴山城で反旗を翻している(信貴山城の戦い)。武田信玄の死後、劣勢に立たされていた信長包囲網の勢いは謙信の死まで一時的に盛り返した。
更に、天正5年10月に入っても越前国で上杉方についた一向一揆衆と織田方との争いがあった事が指摘されており、上杉方が加賀南部から越前までその勢力をのばしたものと推察されている






w300h300 神流川合戦古戦場 石碑2
この合戦を詠った「上杉に逢うては織田も手取川 はねる謙信逃げるとぶ長(信長)」という落首が残されている






人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
史跡