FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

支倉常長 仙台 仙台城・青葉城

2020/03/09
武将伝 0
支倉さん

伊達政宗が慶長・元和年間ヨーロッパに派遣した使節大使。初め与市のち六右衛門または長経と称した。父は山口常成で,父の兄支倉時正の養子となる。父の断罪に連座し一時追放されたが,のち許され600石を給せられる。慶長16(1611)年政宗はフランシスコ会士ソテロを招き領内での布教を認め,その助言によってスペイン領メキシコとの通商を希望した。そこでスペイン国王ならびにローマ教皇に使節を派遣することになり,一方,これにより,ソテロはフランシスコ会士の増派と奥州司教区の設置を意図した。慶長18年9月15日,政宗が幕府船手奉行向井将監の応援をえて建造したサン・フアン・バウティスタ号で,支倉はソテロと共に牡鹿半島月の浦を出帆した。 一行はメキシコを横断して大西洋を渡り,マドリードでスペイン国王フェリペ3世に謁見,政宗の書状を呈した。同地滞在中,王室跣足派女子修道院附属教会において国王臨席のもとに受洗した。霊名はフェリペ・フランシスコ。さらにローマに赴き,パウロ5世に拝謁し政宗の書状を奉呈した。ローマ市から一行に公民権が贈られ,支倉は貴族に列せられた。再びマドリードに戻ったときには,日本でのキリシタン迫害の報告がとどいており,スペイン政府の態度は冷たかった。そのため,当初意図していた願いはかなえられず,空しくスペインをあとにせざるをえなかった。セビリアからメキシコを経てマニラに立ち寄り,元和6(1620)年8月26日仙台に帰着。2年後病没した。





人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
武将伝