FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

大道寺政繁墓所 補陀寺 

2020/02/24
武士の終焉~墓所&供養塔 0
補陀落山門
補陀寺山門

大泉山補陀寺は群馬県安中市松井田町新堀に境内を構えている曹洞宗の寺院です。補陀寺の創建は室町時代の応永年間(1394~1428年)、無極慧徹禅師(肥前国出身、室町時代の曹洞宗の高僧)によって開かれたのが始まりと伝えられています。当初は草庵でしたが、無極慧徹禅師が美濃国の大泉山補陀寺の住職時代の弟子で跡を継いだ月江正文(尾張楞厳寺、上野双林寺、武蔵普門院を開山)が、寺号を移した事で正式な寺院となり自らを2世としました。歴代の領主である安中氏、武田氏から庇護され、特に武田信玄は元亀3年(1570)に寺領を安堵する朱印状を発布し、天正10年(1582)からは小田原北条氏の有力家臣で北条家三家老とも言われた大道寺政繁が当地に配されると自らの菩提寺としました。


補陀落寺 入り口





大道寺政繁墓所石碑





補陀落寺本堂
補陀寺本堂




補陀落寺 本堂2





大道寺政繁墓所1
大道寺政繁墓所


大道寺政繁は武勇に優れ北条家からの信頼も篤かった為、常に最前線を任され領内の中山道の入口に当たる松井田の地を守らせました。政繁は豊臣軍の進撃に備える為、すぐさま松井田城を一大要塞に大改修し補陀寺の境内も城郭に取り込み補陀寺郭と称されました。天正18年(1590)、小田原の役が始まると前哨戦の碓氷峠の戦いで敗退し、政繁は松井田城に1ヶ月にわたり立て籠もりましたが前田利家、上杉景勝、真田昌幸が率いる35000人の軍勢の前に屈します。
政繁は豊臣軍に従軍し忍城や武蔵松山城、鉢形城、八王子城攻防戦などに参加し特に八王子城では大功があったものの小田原城が落城し北条家が滅ぶと切腹させられ、松井田城も廃城となります。松井田城落城後、政繁の豊臣軍に対する貢献は非常に高いものでしたが、結果的には切腹になった為、江戸時代に加賀藩前田家の大名行列が通過すると政繁の墓に悔し汗をかくと噂されました(政繁と前田家には密約があったが反古にされ怨まれたとも)。その後、補陀寺は現在地に再興し「関左法窟」(関東一の道場という意味)の額を掲げる程寺運が隆盛し何人もの名僧を輩出しています。





大道寺政繁墓所2





大道寺政繁墓所説明板
大道寺政繁墓所説明板




_DSC8224.jpg





[群馬県安中市松井田町新堀1186]2020.2.23

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
武士の終焉~墓所&供養塔