FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

足利尊氏

2020/02/21
武将伝 0
足利尊氏
足利尊氏銅像 鑁阿寺前


室町幕府の創設者で初代将軍。源頼朝の同族の名門として鎌倉幕府に重きをなした足利氏の嫡流に生まれた。父は貞氏,母は上杉清子。初め高氏。妻は執権北条守時の妹登子。元弘1(1331)年後醍醐天皇が鎌倉幕府打倒の兵を起こすと,高氏は天皇軍討伐の幕命を受けて上洛。事件が落着して一旦鎌倉に帰り,後醍醐軍の再起によって再び出動を命ぜられると,丹波で突如反幕の旗を揚げ,京都の六波羅探題を急襲駆逐した。その半月後,鎌倉幕府は滅亡,後醍醐は京都に帰還して,建武新政が開始された。高氏は討幕の殊勲者として天皇の諱(尊治)の1字を与えられて尊氏と改名,高い官位と莫大な賞賜を得たばかりでなく,鎌倉に嫡子義詮 をとどめて,関東制圧の拠点をかためた。後醍醐は尊氏に破格の待遇を与える半面,その実力と声望を恐れて新政の中枢から遠ざけ,また北畠顕家に愛児義良親王をつけて奥州に派遣し,関東の足利勢力を牽制しようとしたが,尊氏は直ちにこれに対抗して成良親王を鎌倉に下し,弟直義を以て輔佐せしめた。この間,新政の失敗が重なり,武士の輿望が尊氏に集まるにつれて,後醍醐と尊氏の対立が次第に高まった。 新政開始からわずか2年後の建武2(1335)年7月,北条氏残党の鎌倉侵入を転機として尊氏は幕府再建の志を明らかにし,後醍醐の制止を無視して鎌倉に下り,北条氏残党を掃蕩した。次いで後醍醐の派遣した新田義貞を破って上洛したものの,奥州軍に敗れて九州に逃れ,再挙東上して後醍醐軍を追いつめ,後醍醐より持明院統の豊仁親王(光明天皇)への譲位という条件で後醍醐と和睦するとともに,建武式目を制定して京都に新しい幕府を開いた(のち,これを室町幕府という)。時に建武3(1336)年11月。2年後,正式に征夷大将軍となる。他方,後醍醐は吉野に走り光明の皇位を否定して尊氏打倒を諸国に呼びかけた。吉野の南朝,京都の北朝対立の始まりである。 尊氏は幕府の運営に当たって,武士に対する支配権と軍事指揮権は自身で握り,裁判その他の政務は弟直義に委ねるという二頭政治を布いた。しかしこの体制は,直義を中心に結集する官僚派と尊氏を頂く高師直ら武将派の対立をひき起こし,やがてはこれが尊氏と直義の対立に発展,さらに南朝が第三勢力として加わったため,直義が死んだのちも直義党は諸国で根強い反抗を続け,この間,南朝軍や直義党が3度も京都に侵入するなど,争乱は長期化,全国化の様相を呈した。尊氏は,3度目の京都侵入軍を駆逐して,畿内と周辺地域の鎮定を実現して3年後,京都で病死した。死因は背中の癰(腫物)であったが,晩年の5~6年はいく度も大病をやみ,往年の精彩は失われていた。法名,等持寺殿仁山妙義。また長寿寺殿ともいう。




人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
武将伝