FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

武蔵御嶽神社 東京都青梅市

2020/02/10
神社仏閣 0
御嶽 ケ-ブルカ-瀧本駅
御嶽神社へと、ケ-ブルカ-瀧本駅




御嶽 ケ₋ブルカ-




御嶽城 ケ-ブルカ-から望む
ケ-ブルカ-駅から望む、御嶽神社




馬場家住宅 門前
御嶽神社の途中に在る、馬場家御師住宅・・馬場家は甲斐武田氏の重臣馬場美濃守の流れをくむ家柄と伝えられる。
代々武蔵御嶽神社の御師を務める馬場家の住宅です。現在の家屋は1866年に建てられたもので、十代目の当主が妻の実家を模倣して作ったと伝えられています。入母屋作り、茅葺の屋根は立派で重厚感さえ漂います。客室にも書院造り風の座敷飾りが施されているようです





御嶽 神代檜2
御嶽 神代檜
本木の樹齢は約600年と推定されている。観光・集客等を目的とした情報源では樹齢1000年とも記載されるが、こちらについては具体的な根拠は明らかではない。同社の社伝によれば、ヤマトタケルの東征の折に御岳山に登り武具を蔵に納めた頃には既に生息していたとも、ヤマトタケルが東征の折に植樹したとも伝えられている。固有名称にある「神代」もこの伝承から取られている。老齢のため幹内部には洞穴が見受けられるが、現在は覆いが被されるなど、青梅市、同社、周辺住民によって保護されており、時節、薬剤散布、施肥、枯損部の削除、枝下ろし等が施される。また、本木の幹には注連縄が結ばれており、古くから同社の神木として信仰の対象とされている





御嶽神社への道1
この土産物店街を通り、御嶽神社へ・・・しかし数年ぶりだがシャッタ-が閉じている店が多い!!






御嶽神社 鳥居





御嶽神社 石階段
御嶽神社 山門




階段から除く、鬼
階段から除く、鬼




御嶽神社へ
御嶽神社へ



御嶽神社 宝仏殿
御嶽神社 宝仏殿




社伝によれば、創建は第十代崇神天皇七年と伝えられ、第十二代景行天皇の御代日本武尊御東征のみぎり、難を白狼の先導によって免れ遁れられたといわれ、古くより関東の霊山として信仰されて参りました。
平安時代の延喜式神名帳には、大麻止乃豆天神社(おおまとのつのあまつかみのやしろ)として記されております。
山岳信仰の興隆とともに、中世関東の修験の一大中心として、鎌倉の有力な武将たちの信仰を集め、御嶽権現の名で厄除・延命・長寿・子孫繁栄を願う多くの人達の参拝によって栄えました。
天正十八年徳川家康公が関東に封ぜられますと、朱印地三十石を寄進され、慶長十一年大久保石見守長安を普請奉行として社殿を改築、南面だった社殿を東面に改めました。人々の社寺詣でが盛んになると共に、世に三御嶽の1つとして、御嶽詣も、武蔵・相模を中心に関東一円に拡がり、講も組織され、現在に及んでおります。
明治維新により、御嶽神社の社号となり、更に昭和二十七年武蔵御嶽神社と改めました。(境内掲示より)




御嶽神社 狛犬吽
御嶽神社 狛犬吽
武蔵御嶽神社は「おいぬ様」信仰の神社であり、この「おいぬ様」信仰は、実は「ニホンオオカミ」・・・・本殿の狛犬は、狼です。



御嶽神社 狛犬阿
御嶽神社 狛犬阿




御嶽神社 由来
御嶽神社 由来説明板





御嶽神社 社殿
御嶽神社 拝殿




御嶽神社 拝殿背後



御嶽神社 御朱印 2020年2月9日
御朱印 2020年2月9日



御嶽神社からの展望
御嶽神社からの展望




畠山重忠騎馬像2
畠山重忠騎馬像
伝承によると、御嶽城は畠山重忠によって築かれたのだという。神社本殿下の宝物殿の前には畠山重忠の騎馬像が建っている。








大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
神社仏閣