FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

19

養林寺館 群馬県前橋市

DSC_0002改 山門
養林寺は、鎌倉時代、大胡太郎実秀が浄土宗の宗祖法然上人に帰依し草庵を建てたことにはじまり、天正18年(1590年)、徳川家康家臣の牧野康成が二万石を以って大胡城主となると浄土宗無量山月照院養林寺を創建し菩提寺としました。養林寺は度々の火災によって堂塔すべて焼失しましたが、江戸時代初期の山門、境内墓地に牧野家の墓が残っています。




DSC_0021改養林寺館 堀

現地案内板などによると、堀は二重構造であったという。境内のさらに北西側のやや切通しになっている道路などは、二重堀の外側部分であったのではないかと想像される。

養林寺館はと大胡城すぐ隣接する位置にあり大胡城の支城とでもいうべきものの1つであった可能性が高い。
小田原の役の後、徳川家康の家臣牧野康成は、2万石での城主に封ぜられた。その際、この地が大胡太郎実秀の旧跡であることを知って、養林寺を建立したのだという。その際、この位置には出城のようなものが存在していたのであろう。また、牧野氏はこの寺院を菩提寺としたようで、現在も墓地内に牧野家の墓地がある。



DSC_0017牧野墓石
牧野氏墓所
牧野家墓地は、天正18年(1590年)から慶長9年(1604年)まで、大胡城主として大胡藩2万石を治めた牧野康成の墓ほか、康成室(妻)、康成の父成定、子の忠成など7基の墓が並ぶ江戸時代初期の大名墓です。
牧野康成は、弘治元年(1555年)、三河西尾の城主牧野成定の子として生まれ、徳川家康に仕え、酒井忠次に属して長篠の戦など家康の主要な合戦の多くに参戦し武功を重ねました。康成は天正18年の徳川家康の関東入府に伴って、江戸城の北辺の守りとして大胡城に入り、大胡城を近世の城に大改修を行い、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦では、中仙道を進む徳川秀忠の将として従軍しました。慶長9年に病のため家督を長男の忠成に譲り、慶長14年(1609年)に55歳で没し当寺に葬られました。
康成の子牧野忠成は、元和2年(1616年)に越後国頸城郡長嶺に5万石で転封となり、同4年(1618年)に1万石を加増され長岡に転封となり、牧野家は明治のはじめまで長岡藩を治めました。



DSC_0012改 供養塔
徳川家供養塔




群馬県前橋市堀越町1259   2013.8.3登城

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment