FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・

源長寺 埼玉県羽生市

『新編武蔵風土記稿』によると、開基は羽生城主木戸忠朝とある。
羽生城時代には、砦として機能していたのでしょう。伝承によると、矢狭間のある塀が寺の周囲を張り巡らしていたそうです。
また、上杉謙信が源長寺の山門に大砲を設け、羽生城に向けて撃ったという伝説もあります。





源長寺参道




_DSC6665.jpg







源長寺 文化財説明板





「武田家の高札」は、上杉謙信と後北条氏が和睦を結び、手すきになった羽生近辺に侵攻してきたときに、立てられたものだと言われています。
すなわち元亀2年(1571)、源長寺に「濫妨狼藉」を働くことを禁じるという高札を、武田信玄の部将土屋右衛門尉昌次が下した。
又源長寺には「不得道可夫妻画像」が所蔵されています。
これは天正2年(1574)に羽生城が自落したあと、頽廃した源長寺を再興した不得道可夫妻を描いた肖像画です。
不得道可は俗名を「鷺坂軍蔵」といい、羽生城主木戸忠朝の家臣でした。
『新編武蔵風土記稿』よると、「(鷺坂軍蔵は)羽生城没落の後浪人となり、後法体して道可と云い、大久保相模守に仕へ、旧主追福の為として当寺を再興せしと云」と記しています。





源長寺 古い五輪塔
本堂裏手の歴代住職の墓所の右手側にある、古い五輪塔・・・・これが、羽生城主に関係する物か??




_DSC6673改





[埼玉県羽生市藤井上組1274]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する