FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

26

福島正則屋敷 長野県上高井郡高山村

_DSC6589.jpg
福島正則屋敷、現在は中央に高井山高井寺となる




元和5年(1619年)、安芸・備後両国の大名福島正則が広島城の無断普請を理由に領地を没収され、この地に転封を命じられて居住した所である。高井野藩4万5千石(後に2万5千石を返上)の藩庁が置かれた。

屋敷は103m×70mの方形単郭の平城であったが、東北隅に高さ5mの土塁が残存するのみで、屋敷跡の中央には高井山高井寺(たかいさんこうせいじ)が建っている。[1]
現存する石垣は、安政年間(1854-1860)に高井寺が土塁や空堀を壊して修築の手を加えたものであり、往時の面影はない。
高井寺には、福島正則の遺品として肖像画、槍先、仏舎利、掛軸(正則の高井野での功績をたたえた絵伝)が伝えられている。



_DSC6591.jpg





_DSC6592.jpg





_DSC6593.jpg





_DSC6594.jpg





_DSC6595.jpg





_DSC6597.jpg

[長野県上高井郡高山村高井197]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



_DSC6604.jpg
福島正則荼毘所跡(屋敷跡から北西約500mの田の中に在ります)
病死した正則の死骸は7月の暑い盛りであったため、幕府の検死が済む前に荼毘に付したために、家禄は没収された。正則の威徳を偲んで、当時の住民により、この荼毘所跡に1本の杉が植えられ、以来300数十年、いつしかその地は「一本杉」と村民に呼ばれていた。一本杉は「傷をつけると血が噴出す」と長い間村人の間に伝承され、大切にされてきた。高さ30メートル、周囲9メートルの大木となっていたが、昭和9年の室戸台風で倒壊した。




_DSC6606.jpg




_DSC6607.jpg



_DSC6608.jpg




_DSC6611.jpg




_DSC6615.jpg





大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment