FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

上杉家廟所 山形県米沢市

2019/05/04
史跡 0
上杉神社 謙信公座像




戦国時代の大名である上杉謙信が越後国(新潟県)春日山城に没すると、その遺骸は漆を塗り甲冑を着せて埋葬された。後継者の上杉景勝は、後に天下統一を果たした豊臣秀吉の臣下となり五大老に任じられ、会津へ移動。 それに伴い謙信の霊柩も越後から会津に移され仮堂に安置されたと云われている。
慶長6年(1601年)関ヶ原の戦い後、上杉家は米沢に移動を命じられ、謙信の霊柩も再び移動することになる。 景勝は米沢入りを果たすと米沢城本丸に御堂を建立し謙信の霊柩をそこに安置したのである。
現在の上杉家廟所は米沢城址の北西あたりに位置しており、この場所は元々米沢城に一大事があった場合、一時的に謙信の霊柩を避難させる場所として設けられたと云う。
元和9年(1623年)景勝が他界すると現在の廟所に埋葬され、以後12代藩主までここに埋葬されることになる。明治政府の廃城令に伴い米沢城は解体され、謙信の霊柩も移動することになり、当地に移る。
なお、現在の廟所は謙信霊廟を中央にして、その左右に歴代藩主の霊廟(墓所)が厳かに立ち並んでいる。2代景勝から8代重定までは火葬での埋葬が行われ、御堂は入母屋造りの建造物である。さらに9代治憲から12代斉定までは土葬となり、御堂も宝形造りとなっている。治憲の倹約令により、構造も簡略化され材質も落とされている。藩主ではないが、治憲の実子で10代治広の養嗣子であった顕孝も共に祀られている。また、明治以後に死去した13代斉憲からは東京に墓所があるが、14代茂憲は沖縄県令としての功績をたたえられ、沖縄県民有志により歴代藩主廟に並んで記念碑が建てられている。
地元では御霊屋(おたまや)とも呼ばれている。




上杉神社 御堂跡
米沢城 御堂跡




廟所参道





廟所説明板 墓所位置関係





上杉家廟所





改中央謙信公墓所
廟所中央の謙信公墓所
明治9年(1876)謙信公の御遺骸は当地に遷座されました。これに伴い、拝殿や石灯篭は撤去され、参道も新たに作り替えられるなど現在の景観になりました。杉木立の中に整然と立ち並ぶ歴代藩主の廟屋は、上杉家と米沢の歴史を物語っています。昭和59年(1984)全国の大名家墓所としては5番目に、国指定史跡として登録されています





改2謙信公墓所
戦国武将の中でも聖将として名高い上杉謙信は、その死後も上杉家の精神的支えとして大切に祀られてきた。遺骸は甲冑を身に纏った姿で甕に納められ、甕には漆を流し込んで固めてあるという。上杉景勝が越後から会津に移動の際も、春日山城不識庵より謙信の霊柩を移動させ、その周囲にある一片の土も運ばせたと伝えられる。さらに越後より会津、そして米沢に至る上杉家の領国替えの時も、謙信の霊柩は選ばれた僧侶その他の者により厳重に守られ運ばれた。米沢入りを果たしてからは、米沢城の本丸の高台に御堂(霊廟)を建立して、中央に謙信霊柩、その左右に善光寺如来像と泥足毘沙門天像を共に安置した。
以後、上杉景勝の命により大乗寺、法音寺など真言宗寺院の能化衆が、毎日の供養を欠かすことなく厳修した。その内容は、実に厳しく定められていたようである。それは明治を迎えるまで厳格に行われた。歴代の上杉家当主も、命日には精進を心がけ参拝供養したと伝えられる。謙信は生前、真言密教に深く帰依し、自らも権大僧都の位を得ている。その関連からか、謙信の遺骨は高野山に納められており、米沢にあるのは分骨であるともいうが、これは景勝以降の藩主が火葬した遺骨を高野山に納めたことからの誤伝である。
明治になって、米沢城本丸から謙信の霊柩は上杉家廟所に、善光寺如来と毘沙門天像は法音寺に移ったが、当時の御堂は同米沢市の長命寺に本堂として移築され、現存している。




上杉藩初代藩主 景勝公墓所
米沢藩初代藩主 景勝公墓所
二代景勝公が逝去された約390年前に歴代藩主の墓所と定まりました。その後、景勝公を中心に左右交互に廟が建てられました。廟の前方には拝殿が造営されておりました。また、各廟の参道も今より前方に延びており、その周囲には、千基を超える石灯篭が寄進されて並んでいたと言われています。なお、謙信公の御遺骸は越後春日山から会津を経て米沢へ遷され、米沢城本丸に祀られていました。





上杉藩歴代班所墓所 右手側
歴代藩主墓所 右手側




上杉藩歴代藩主場所 左手側
歴代藩主墓所 左手側




[山形県米沢市御廟1丁目5−30]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・城巡り・カメラからのキャンプ覚醒!!
今年初キャンは・・・暴風雨(@_@)・・・翌月は雪(>_<)・・・雨((+_+))・・・そして今日梅雨明けの快晴(*ノωノ)!!
史跡