FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

一郷城 群馬県高崎市

模造天守
主郭跡周辺に建つ、模造天守(当時このような天守は無いと思われます・・・・・)





牛伏山は標高491m、万葉集に「多胡峰」と詠まれ、「多胡美人」と呼ぶ「朝日岳」、羊太夫ゆかりの「八束山」と合わせ、「吉井三山」といわれる三山の主峰で臥牛に似ていたので「牛伏」とよばれたのであろう。
牛伏山は東西二峰から成り、西方は金毘羅山と呼ばれ、東峰は一郷山と言う。永い歴史の中で、さまざまな事件がこの地を巡って起きて来た。特にこの一郷山に関わる事件がある。永享10年(1438)関東管領上杉憲実は鎌倉公方足利持氏と争い、鎌倉を退き、平井城(藤岡市西平井)に拠った。その頃平井城西方の守りとして新堀城(多比良城)と共に築城され、一郷山城は山頂にあることから、のろし台としての任務が主なものであつたろう。永禄6年(1563)2月西上州侵略を図る武田信玄は、平井城(管領府)攻略の緒戦として一郷山城を攻めた。防戦の為、山頂から落とした大石は真下の見銘寺を押し潰し、火災となり城は全焼、将兵は全滅、婦女子は急崖に身を投げ落城した。ついで新堀城も攻略された。
現地説明板より






_DSC1573改西郭と思われる駐車場、堀切は消滅






完成 一郷城@ヤマシロ㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/基本遺構は有りませんが、模造天守東側斜面に郭らしい遺構が残るとされます(今回は見ていません)






[群馬県高崎市吉井町多比良4458]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する