FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

31

前玉神社 埼玉県行田市

_DSC0991改
前玉神社の鳥居



前玉神社





_DSC0990改槙(まき)   行田市指定文化財 1964年1月指定 
入り口に植えられている大木は「イヌマキ」と称される常緑の高木の雄木。
御嶽山進行の奉納植樹のご神木。推定樹齢600年、樹高20m、目通り幹周4m、根回り5.5m現存する槙としては埼玉県内最大の木です





前玉神社は「延喜式」(927年)に載る古社で、幸魂(さいわいのみたま)神社ともいいます。700年代の古代において当神社よりつけられた【前玉郡】は後に【埼玉郡】へと漢字が変化し、現在の埼玉県へとつながります。前玉神社は、埼玉県名の発祥となった神社であると言われています。
武蔵国前玉郡(むさしのくにさきたまのこおり)は、726年(神亀3年)正倉院文書戸籍帳に見える地名だと言われており、1978(昭和53)年に解読された稲荷山古墳出土の鉄剣の銘文から、471年には大和朝廷の支配する東国領域が、北武蔵国に及んでいたのは確実であると言われています。
北武蔵国の地元豪族が眠ると思われるさきたま古墳群の真上に建てられています。





_DSC1000改





_DSC1014改前玉神社本社に登る階段をはさむように、元禄10年(1697年)10月15日、当神社の氏子たちが所願成就を記念して奉納した2つの燈籠があります。高さは180センチメートル。
この地を詠んだ万葉集の歌、「小崎沼」と「埼玉の津」が刻まれています。






_DSC1019改前玉神社の御祭神は、『古事記』所載の出雲系の神である、前玉比売神(サキタマヒメノミコト)と前玉彦命(サキタマヒコノミコト)の二柱です。天之甕主神(アマノミカヌシノカミ)の子で、甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)の母です。
女神と男神が一緒に祀られていることから、恋愛成就や夫婦円満を祈願する参拝者の方が多く見られます。最近では縁結びの神様として参拝に来られる方も増えてきてます。





_DSC0998改前玉神社の桜





[埼玉県行田市埼玉5450]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment