FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

武田信重館 山梨県笛吹市

_DSC8141.jpg
六角山成就院 武田信重館跡



_DSC8143.jpg



関東管領上杉氏憲(出家後禅秀)と関東公方足利持氏との争いに加担、上杉禅秀に味方した甲斐守護武田信満は、幕府軍に攻められ応永二十四年(1417)天目山にて自害します。信満死後甲斐国内は甲斐源氏である逸見氏一族が関東公方の後押しもあり実権を握りますが、それをヨシとしない幕府は高野山に逃れていた信満の弟信元を甲斐守護に任命します。そのため甲斐国内は争乱で不安定な土地となります(その時期、信満の子信重も高野山に逃れています)。信元はなかなか帰国できませんでしたが、信濃守護小笠原氏の後押しで無事帰国し、その際守護代に信濃の跡部氏を任命したことが、後の争乱の火種に練っていきます。
永享十年(1438)にようやく甲斐に帰国した信重は信元の死後守護職に任ぜられ、成就院(かつて清光院というお寺があったようです)を館とし周囲に土塁などを構えます。信重は、守護職を争った逸見氏を滅ぼすなど功績をあげますが、宝徳四年(1450)十一月小山城の穴山伊豆守に攻められ、現在の成就院よりやや北側であえなく自害をしたと言われています。
武田信重の館跡は、後に子信守により六角山成就院(当時は臨済宗)が建立され父信重の菩提寺となりますが、後年周辺地域の開発と近くを流れる笛吹川の度重なる氾濫などにより、遺構は全く残っていません





_DSC8144.jpg
武田信重の墓




[山梨県笛吹市石和町小石和372]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する