FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

勝山城 山梨県甲府市

完成 勝山城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪



_DSC8113.jpg
勝山城 遠景 城址は 半分は果樹園でほぼ藪!!



笛吹川左岸の丘(勝山)の上に築かれていた城。『甲斐国志』によれば、油川(笛吹市、旧石和町)を拠点としていた武田氏一族の油川氏の居城である。城主の油川信恵(彦八郎)は甲斐国守護武田信縄の弟で、その後信縄から家督を相続した嫡男の信虎(信恵にとっては甥に当たる)と対立し、1508年(永正5)に坊が峰(笛吹市)で信虎と戦い敗死した。また、この城は甲斐と駿河(静岡県)を結ぶ中道往還の要衝に位置していたことから、しばしば甲斐に侵攻した今川軍に占領された。1515年(永正12)に今川氏に一時期占領されていたほか、1521年(大永1)に福島(くしま)正成率いる今川勢が来襲した際にも占領された。武田氏滅亡後、徳川家康と北条氏直との間に起こった天正壬午の乱(武田旧領の甲斐・信濃をめぐる領有争い)では、家康は相模の北条氏に備えて、家臣の服部半蔵に同城の修築を命じており、その後、徳川氏が甲斐を領有した後も、城の再整備が行われている。この城の名は史料にしばしば登場するものの長年位置が特定できずにいたが、1983年(昭和53)に主郭部や土塁、空堀跡などの遺構が発掘されて、その存在が確認された。




_DSC8114.jpg
東側の土塁




_DSC8124.jpg
虎口跡




_DSC8125.jpg
虎口に有る石碑




_DSC8126.jpg
郭2削平はされているが・・・・・・




_DSC8129.jpg
郭1・・・・ほとんどが藪・・・・・・




_DSC8132.jpg



_DSC8118.jpg
郭3 半円形の帯状の郭





_DSC8133.jpg
郭1 南側の堀跡





_DSC8138.jpg
・・・・・・・もう、冬が近づいています・・・・・




[山梨県甲府市上曽根町2248]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する