FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

松源寺 亀之丞ゆかりの里 長野県高森町

_DSC7819.jpg



_DSC7807.jpg


松源寺(山号:雲竜山 臨済宗妙心寺派)本尊:釈迦牟尼仏
松源寺が創立されたのは、永正8年~10年頃(1511~1513)とされ、開基は松岡城主民甫正哲松岡貞正、開山は貞正の実弟、文叔瑞郁禅師である。(開山は僧籍が必要)
最初の寺は、牛牧村の寺山に建てられた。天正10年(1582)織田軍の兵火により堂塔が焼失した。現在地(松岡城跡5の曲輪内)に移転再建された年代は1600年代と考えられるが確かではない。松岡城廃絶後に、朝日受永の寄進等により再建された。
明治30年(1897)に焼失。現在の本堂は明治33年(1900)に再建されたものである。山門は、江戸時代中ごろ大風で倒壊したが、残った部材を使い、延享3年(1747)に再建された。(町指定文化財)
本堂には開山二百年忌の時に造られたと考えられる文叔瑞郁禅師木像や井伊直親御位牌も残っている。また、墓所には開基民甫正哲、開山文叔瑞郁禅師の墓塔が建てられている。

松源寺は今から約500年前の永正10年(1513)頃、この地を治める松岡家の菩提寺として建てられた禅寺です。
開山の文叔瑞郁禅師から黙宗瑞淵、南渓瑞聞へと続く法縁をきっかけに、亀之丞さんは9歳から約12年間松源寺と松岡氏に匿われる事となりました。
現在の松源寺は松岡城の跡地を守る位置に移転されています。




_DSC7749.jpg





松岡城 松源寺本堂





_DSC7751.jpg



[長野県下伊那郡高森町下市田4389]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する