FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

亘理要害 宮城県亘理郡亘理町

亘理要害
地形が牛の臥せた形に似ていることから臥牛城ともいわれる。また、江戸時代は亘理要害と呼ばれた 
亘理要害 縄張り図説明板より
亘理要害 縄張り図説明板より




亘理要害 大手先
亘理要害 大手先 本丸詰門の南側に位置する。



伊達稙宗の十二男で亘理氏に養子に入った亘理元宗が築き、亘理氏の居城を小堤城(現在の大雄寺付近)から移した。
亘理重宗が天正19年(1591年)、涌谷城に移った後、片倉景綱が城主となった。
慶長7年(1602年)、片倉景綱は白石城に移り、伊達成実が城主となった。成実は亘理城を改修し、城下町の建設に着手した。
一国一城令の後、亘理城は亘理要害といわれるようになった。
幕末まで亘理伊達氏が城主として亘理郡と宇多郡の一部を治めた。
明治元年(1868年)、戊辰戦争に敗れた仙台藩の降伏式はこの地で行われた。明治3年(1870年)、亘理伊達氏の北海道移住に伴い建物などは払い下げることになった。
本丸跡に亘理の基礎を築いた伊達成実を祭神とする亘理神社が建立され、遺構としては、本丸南側に内堀跡が残り、旧舘公園になっている。






亘理要害 亘理神社
伊達成実が祭神 亘理神社





亘理要害 本丸石碑 亘理神社
本丸石碑 亘理神社





亘理要害 亘理神社背後の土塁
亘理神社背後の土塁




亘理要害 内堀
亘理要害 内堀




戊辰の碑
戊辰の碑
仙台藩は戊辰戦争の際、奥羽越列藩同盟の代表格となった。しかし、新政府軍には勝てず、仙台藩は降伏、亘理領からは33人の戦没者を出した。これらの霊を慰めるために、1897年(明治30年)に戊辰戦役の碑が、1917年(大正6年)には戊辰殉難五十年祭記念碑が、現在の大東亜戦争忠霊塔の後ろの位置に建てられた。ちなみに、戊辰戦争における仙台藩降伏調停がなされたのも、旧亘理要害跡である現亘理神社である。


2013年7月8日 登城






[宮城県亘理郡亘理町旧舘32]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



樋口山城守与六

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する