FC2ブログ
古城巡り 写真館
古城巡り写真館へようこそ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo&PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

比企氏累代の墓所 埼玉県川島町

2018/08/13
武士の終焉~墓所&供養塔 0
金剛寺 山号を清月山元光院、新義真言宗の寺で、川島町中山にあり比企氏の館跡と伝えられている地にあります。
金剛寺と比企氏との関係は、当地の開発領主であり、比企能員の娘婿であった中山為重まで遡ります。
比企氏の乱(建仁2年1203)で、北条方に敗れた比企一族がことごとく滅ぼされるなかで、能員の子円顕(当時2歳・俗名能本)と
時員(能員の子)の子員茂はまだ母のお腹の中にいたことから生き長らえることとなります。円顕はのち父能員(法名長興)、母(法名妙本)の
菩提を弔うため、鎌倉に日蓮宗の本山「長興妙本寺」を開基した人物です。員茂は出生後、岩殿山観音堂別当に養育され、のち北面の武士(院の
御所の北面に詰め、院中の警護にあたった武士)となり、承久の乱(承久3年1221)では、敗れた順徳院に従って佐渡に渡り、寺泊兵衛尉と
改名しています。
員茂の子員長は、頼家の娘竹御所と従兄弟関係にあり、比企・吉見・高麗郡等を所有していたことから、その縁で密かに越後より比企郡中山に移り、
のち子孫代々がこの地に居住したといわれています。こうした背景から比企能員の子孫と言われる比企政員(1525~1575)、
子の則員(1557~1616)が金剛寺を中興開基しています。この地が比企氏館跡といわれるゆえんです。政員の法名は清月、則員の法名は元光です。




金剛寺本堂裏手に比企氏累代の墓所が有ります
大日堂 比企氏累代位牌が納められている
大日堂 比企氏累代位牌が納められている




大日堂の説明板
大日堂の説明板




比企氏累代の墓所
比企氏累代の墓所




[埼玉県比企郡川島町中山1198]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
樋口山城守与六
Admin: 樋口山城守与六
関東を中心に、全国の城館をPhoto・PhotoMovieにて紹介します。近年(又は現在)の城館を紹介して行きます、以前は藪の中で在ったが現在は綺麗に整備された遺構を又は破壊、消滅された遺構も現在の在るままを紹介します,目に見える写真で城館を記録していきます又史跡、神社仏閣、自然を気ままに撮ります・・・・・・・・・・・・!!デジブックは2020年3月31日に閉鎖になりました、沢山の御視聴ありがとう御座いました。
今年初キャンプは・・・暴風雨・・・良く月は雪・・・雨・・・そして今日はどうかな!!
武士の終焉~墓所&供養塔