FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

千石城(松山城) 宮城県大崎市)

千石城(松山城)









茂庭家記録によると文覚館と云われ、文覚上人が築いたと云われる。
文覚上人の後裔の遠藤盛親が鎌倉公方足利満兼から志田・玉造・加美の3郡奉行に任じられ、応永八年(1401年)に関東より長世保に下向したと云われる。

以後、遠藤氏は天正十九年(1591年)登米郡石森に移る迄千石城を居城とし、松山郷を支配した。

天正十六年(1588年)遠藤高康が城主のとき、大崎合戦が起きた。
その後、石川昭光、古田重直が一時居城としたが、慶長八年(1603年)茂庭良元(もにわ よしもと)が領主となり、三の丸を改修し居館とした。
しかし手狭という理由で寛永八年(1631年)谷を挟んだ西向かいの丘陵に下屋敷として上野館を築き、隠居して慶安四年(1651年)に移った。
代わって定元が千石城に入り、明暦三年(1657年)藩の許可を得て上野館に居館を移した。千石城には留守居の家臣が置かれた。
延宝年間(1673~80年)に書かれた『仙台領古城書上』には志田郡松山4城の1つとして千石城が記され、このころには城として機能していなかったと思われる。『千石城の歴史・大崎市教育委員会』説明板より。


御本丸公園は、中世松山の中心的な城、千石城跡で、本丸・二ノ丸・三ノ丸に分かれ、空壕で区切られています。三ノ丸は明治百年を記念して整備され、現在は「コスモス園」になっています。


千石城 本丸堀切
千石城 本丸堀切




千石城 本丸
千石城 本丸




千石城 本丸東側城塁
千石城 本丸東側城塁




完成 千石城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪






大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



樋口山城守与六

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する