FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

花園城 2018改 埼玉県寄居町

花園城 2018改












平安時代末期、武蔵七党の一つの猪俣党の猪俣政家の子政行は藤田郷に住んで、藤田姓を称するようになったが、その居城としていたのが花園城といわれる。その後、戦国時代の天文年間(1532~54)に、藤田重利(のちの康邦)が天神山城(秩父郡長瀞町)を築いて居城を移してからも藤田氏の城(天神山城の支城)として存続した。藤田重利は武蔵支配を確立した北条氏康に降伏し、氏康四男の氏邦を天神山城に迎えて養子とし、その家督を譲った。氏邦は1560年(永禄3)以降、鉢形城(大里郡寄居町)を整備して天神山城から居城を移したが、この時、花園城は注目を集めたと推定される。花園城は鉢形城とは川をはさんで向きあうような位置にあり、敵が川をはさんで鉢形城に対して陣を構えると、花園城がその陣の背後を脅かす位置にあったためである。こうしたことから、鉢形城の支城としての整備が進められた。その後、1590年(天正18)には豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の役)が起こり、花園城は鉢形城や天神山城とともに降伏・開城、あるいは落城したと考えられている。なお、花園城は氏邦に家督を譲った康邦の隠居城になったという別説もある。城跡は藤田氏の菩提寺である藤田善導寺の背後の山中にあり、その主郭(本丸)は標高約200mのところにあった。主郭のあった場所には現在、石碑が建っている。花園城は中世の関東以北の城としては珍しい石積みを多用していた城郭だが、主郭から南側の曲輪にかけて、緑泥片岩を平積みした石組みの遺構が現存している






_DSC8899 腰郭4の石積
腰郭4の石積




_DSC8911腰郭3 下部に残る石積
腰郭3 下部に残る石積




_DSC8937主郭と郭2間の堀切
主郭と郭2間の堀切




_DSC8947主郭西側の堀切5
主郭西側の堀切5




_DSC8946花園城 城址碑
花園城 城址碑





大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )





ブログタイトル花園概念図
㊟イメ-ジ図になります(*ノωノ)



お城巡りランキング
関連記事
スポンサーサイト



樋口山城守与六

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する