FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

野本氏館 埼玉県東松山市

野本元員を初代とする野本氏一族の館跡です。野本氏は系図から平安時代の公卿藤原基経(ふじわらの・もとつね、836~891・堀川大臣)の家の警護をしていた片田基親の子息基員が武蔵国野本に移り住んで野本左衛門と名のったのが、野本氏の始まりと言われています。基員は、源頼朝の信頼が厚かった武士で、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』にも登場する人物です。


_DSC8808.jpg
館は現在、無量寿寺の境内地




_DSC8807.jpg
館跡の標柱




_DSC8809.jpg
山門脇の説明板



館は現在、無量寿寺の境内地となっており、本堂の北側で土塁と堀がわずかに確認できるだけとなっていますが、実際は二重の堀と土類を廻した構造の館となっています。外側の土塁と堀は当初からのものではなく、後世の増築によるものと考えられています。江戸時代の武蔵国の様子を書いた『新武蔵国風土記稿』の無量寿寺の項には「寺領の外境内一万四千坪、境の廻り四方に堤を築き、堀の跡残れり」とあり、同書の「将軍塚の図」には土塁や堀の様子が描かれています。

館が造られた時期については、基員が貞観元年(1232)に亡くなっていること、また無量寿寺に残されている建長6年(1254)銘の銅鐘の拓本より、当時無量寿寺が野本寺といわれていたことなどから、遅くても13世紀の初め頃には館が造られていたと考えられます。




_DSC8810.jpg
無量寿寺の本堂




_DSC8812.jpg
本堂裏手の土塁




_DSC8817.jpg
土塁に沿い、堀跡になると思われる






大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

野本氏館跡
現地説明板より
関連記事
スポンサーサイト



樋口山城守与六

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する