fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

おいらの森 ライトフォレスト 2021.12.29~30

今年のキャンプ納は、おいらの森ライフォレストさんでした!!今回は、ソロ区画を予約していましたが・・・・・・フリ-Bに変更して頂きましたソロベ-スに薪スト-ブ投入とサイドと前幕を新投入!!この時間帯は風も無く、焚火を豪快にそうんな中!!惨劇が!!・・・・煙突カバ-に巻いたカーボンフェッルトがチョイ炎上(T_T)このテントは薪スト-ブ専用か。゚(゚´Д`゚)゚。・・・・・・追伸、サーマレストのスリ-ピングマットに...

大渡の狼煙台 山梨県北杜市

大渡の狼煙台@Google戦国時代に武田氏の配下だった小尾衆という地域武士団が大渡烽火台を守っていたという。大渡の烽火台は塩川が大きく蛇行する地点に設けられた鳥井峠の西の山に築かれている。細く険しい山頂部に主郭があり、東西に細長く北側に土塁が付いている。北西側にはわずかに堀切があるが、鳥井峠側にはなく、無数の小さな段曲輪が付いている。㊟イメ-ジになります(・Д・)ノ旧道からの大渡の狼煙台分岐点となる鳥井峠...

比志の山城 山梨県北杜市

比志の城山@Google当城に関する直接的史料はないが、「国志」にみえる比志に所在する2つの烽火台のうち1つと思われる。別称で比志の烽火台がある。山頂は東西15m、南北20m程の広さの不整な台形の平坦地で、1段下がって3箇所に腰郭状の平場があり、南東の尾根続きは舌状の平坦地となっている。探索道は、砂防ダムを通り過ぎて舗装道の終点から山に入る事になる。塩川左岸段丘上に張り出した城山の頂上に立地する。標高は990m。...

源太ヶ城 山梨県北杜市

源太ヶ城@Google逸見清光は甲斐源氏の祖で、平安時代末に常陸国から配流され甲斐にやって来た人物です。はじめは甲斐中央部の市河郷に居ました。しかし、次第に勢力を拡大して甲斐北西部の八ヶ岳南麓にある逸見荘を本拠としました。源太ヶ城の東には甲斐と佐久を結ぶ佐久往還があり、室町時代には津金衆が守っていました。津金衆は文明年間(1471~86の間)に、常陸国から来た佐竹胤義を祖とします。(別の佐竹氏が祖であるという)...

旭山砦(朝日山之塁) 山梨県北杜市

旭山城@Google国道141号線より西へ入り表記番地の西約200mに「朝日山塁址入口」の碑がある。林道を約2km北上すると、朝日山への入口があり駐車スペースがある。ここには、武田氏の時代から狼煙台が有り、そこへ天正壬午(10年)に北条軍と徳川軍の対陣の時に北条方が入り陣城として改修したのが旭山砦の遺構と言われている。*㊟イメ-ジ図になります(*・`ω´・)ゞ北側の林道から・・・・城址へこの広場、奥が主郭主郭北...

PICA八ヶ岳明野 山梨県北杜市

PICA八ヶ岳明野 本日はここに12/19からの二泊⛺サ‐カスに薪スト-ブを投入に快適空間へ・・・・・・・・コテ-ジエリア、多数のコテ-ジが有ります本日のサイト アウトドアキッチンNo6 この時期は超格安です!!(流しは使用不可、電源は使えます)サ‐カスTCに薪スト-ブ投入PICA八ヶ岳明野からの夕焼け最終日の夜景PICA八ヶ岳明野から見える富士山人気ブログランキング...

黒駒砦 堂坂砦(能見城防塁) 山梨県韮崎市

能見城防塁 Google新府城の北方約2km、現在の穴山駅のラインで七里岩台地を釜無川と塩川まで東西に繋ぐ防塁。新府城の外郭遺構としていますが、本能寺の変後、徳川家康と北条氏直が争った天正壬午の乱の時の遺構とする説もあります。御名方神社(黒駒神社)が黒駒砦、拝殿背後に遺構が残る神社背後の横堀神社背後の、二重横堀からの竪堀堂坂砦、ここ一帯が砦となるこの高台に土塁あり人気ブログランキング...

能見城 山梨県韮崎市

能見城 防塁 Google南北朝時代には甲斐守護・武田氏の一族である穴山義武が同地を本貫地とし、穴山姓を称した。穴山氏は後に本拠を河内地方へ移し、甲斐における有力国衆となる。能見城の南方約1.8kmに位置する中田町中條には新府城が所在し、『甲陽軍鑑』によれば天正9年に武田勝頼が新城の築城と府中移転を企図した際に、穴山信君は穴山郷の一部を進上したという。このため、穴山郷は穴山町から中田町中條一帯の地域を含んでい...

能見城 西砦(西郭) 山梨県韮崎市

能見城 西砦 Google新府城の北約2kmに位置した七里岩台地の西端に築かれている。南北約180mの規模で、南端に土塁が残り、谷津に落ちている能見城については、能見城の築城時期は不明ですが、1581年(天正9年)に武田勝頼が新府城を築いた際に支城(または惣構の防塁)として整備されたとも、武田一門の穴山氏が穴山氏館の詰城として築いたともいわれています。あるいは1582年(天正10年)、武田氏滅亡後に勃発した、徳川...

忍城 花手水 2021.12.12

人気ブログランキング...

希望の光 行田八幡神社 2021.112.4

月一度のライトアップイベント、希望の光 行田八幡神社人気ブログランキング...

行田 希望の光 埼玉県行田市

月一度のライトアップイベント 希望の光 忍城を中心に!!人気ブログランキング...