FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプPhotをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

宝蔵寺沼 堀上げ田

主に江戸時代、湖沼であった場所を新田開発し生み出された水田である。開発の手順としては、湖沼である場所において土を盛る場所、土を取るために掘り下げる場所を交互に設ける。こうして土を盛り高くした場所を水田などにして利用し、低くなった場所を悪水路または用悪水路(用水路兼排水路)として利用する。このように水田と水路を交互に設ける特性上、おのずと掘り上げ田は細い長方形、または短冊形になりやすい。また掘り上げ...

長張城 長野県小諸市

長張城 Google現在駒形神社となっている辺りが長張城とされる。 神社の境内となっている所が一段小高く、周囲に土塁らしきものが残っている詳細は不明。駒形神社社殿裏の土塁社殿脇の土塁駒形神社社殿駒形石城から見える浅間山人気ブログランキング大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...

高津屋城 長野県小諸市

高津屋城 Google県道80号線「浅間サンライン」の高津屋トンネル東側よりトンネル上部を通る広域農道に行き、左折約100m先より「高津屋別荘地」に入り、約300m行ったところに浅間神社の階段がありその上が城址となる。階段を登った先に主郭があり土塁が残り、大浅間大社の石塔や四阿、説明板が建てられている。東側に一段下がって2郭があり北から東にかけて土塁が残っている。城址への階段主郭手前の平場高津屋城の主郭...

松井愛宕山城 長野県小諸市

 松井愛宕山城 Google愛宕山と呼ばれる小高い丘に築かれている。 城の南側は、上信越道によって削り取られ、曲輪の一部も無くなってしまったようだ。 削り取られた斜面には山頂のある愛宕神社の参道の急階段が設けられていた。山頂部には愛宕神社の祠が祭られており、ここを愛宕山と呼ぶ。長軸20m程度のたいして広くない平場であるが、ここから北方にかけて、合計3段の平場が造成されている。これと、側面部との腰曲輪...

桃野城 長野県小諸市

桃野城 Google歴史的詳細は不明で有る。矢留城に居た雲之助の父大之助が築城されたとの伝承がある。遺構的には広大で、クリ-ンヒルこもろの南に堀が残り上から南北に在ったとされる堀が南端に断片的に残る。また主郭、郭2に明確に堀が2本見る事が出来、主郭には南北に数十メートルの土塁が残る。全体的に耕作地となり、廃城後には土塁や堀は崩されたと思われる。主郭主郭手前の堀 東側主郭手前の堀 西側主郭の土塁南北に延びて...

富士見城 改 長野県小諸市

富士見城 Google大井氏が滋野氏に対する備えとして築いたとする説、武田信玄が天文年間(1532年~1554年)に佐久地方へ進出した際に拠点である鍋蓋城(小諸城の前身)の支城として整備したとする説などがあります。武田氏滅亡後、徳川氏・上杉氏・北条氏に加え、真田氏が信州の支配権を争った「天正壬午の乱」の際には徳川家康の家臣である柴田康忠が一時居城としました。その後、豊臣政権下で仙石秀久が小諸城主となってからも小...

ウィスラ-・スカイベ-ス・小諸 小諸の夜景と星空!!

ウィスラー・スカイベ-ス・小諸 佐久平や蓼科連峰・八ヶ岳を眺めながら、開放感あふれる天空のパーク!朝起きて、テントから出ると標高約900mの高台からの絶景が楽しめます。野鳥のさえずりで目を覚まし、夜は綺麗な夜景や満点の星空を満喫できます。管理棟裏にいるヤギ受付管理棟ここの薪の値段は、良心的です!!広葉樹500円 焚きつけ1篭100円ここはフリ-サイト?小諸の夜景が堪能できる、区画サイト!!かわたれ どき小諸...

行田花水手 2021.2.16(期間外)

行田八幡神社行田八幡 花水手水琴窟前玉神社 花水手忍の梅忍城 時の鐘忍城天守人気ブログランキング...

南条氏館 静岡県富士宮市

南条氏館は、鎌倉時代に上野郷地頭南条氏によって築かれた。 南条氏は、正慶2年の鎌倉幕府滅亡時に当主南条時光は、北条高時に従って鎌倉にて討ち死にした。妙蓮寺が南条邸跡であることは、総本山大石寺17世日精の「家中抄日華伝」に「時光の旧宅を転じて寺となす。堀之内と号す。南条の堀之内なる故なり。今の妙蓮寺是れなり。」とあることから、古来より争いはなかった。現在の境内地は、戦後の農地解放で縮小されているが、元...