FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

古城巡り 写真館

真壁城2020.6.29 茨城県桜川市

真壁城 城址碑真壁城 本丸真壁城 内堀真壁城 本丸搦手中城 発掘調査中真壁城 外郭土塁真壁城 外郭堀イノシシ注意!!人気ブログランキング...

あじさい坂 栃木県栃木市 2020.6.28

太平山自然公園六角堂前から随神門に至る太平山神社表参道、約1,000段の石段両側に西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど、約2,500株が咲き競います。これらのあじさいは、昭和49年(1974)にライオンズクラブが植樹したのが始まりで、見頃は6月下旬から7月上旬です。石段はこの山で産出する石を使った「のづら積み」で、信徒の労力と寄進のよるものです。人気ブログランキング...

大中寺 栃木県大平町

大平山南麓の山懐につつまれた名刹大中寺は、はじめ真言宗の寺として久寿年間(1154~1155)に建てられたが、その後、衰退していたのを快庵妙慶禅師が延徳元年(1489)に曹洞宗の寺として再興したという。戦国時代、越後の上杉謙信は関東管領職を受けて、北関東に進出すると大中寺の6世住職快叟が叔父であったことから、この寺を厚く保護し、永禄4年(1561)、当時、焼失していた伽藍の修復を行っている。永禄11年(1568)、謙信が...

玉敷公園の紫陽花 2020.6.22

人気ブログランキング...

加園城2014 栃木県

城址遠景宇都宮氏の家臣の渡辺綱重が天文二十年(1551年)に築き、渡辺氏の居館とされたようです。ただ、綱重の父の渡辺忠綱ふが宇都宮公綱に臣従した頃に築かれたともされるようです。渡辺氏は宇都宮氏から小山氏に主君を変え、永禄四年(1561年)の上杉謙信の関東遠征では小山氏に属して謙信に従ったようですが、渡辺右衛門尉が討死、その後の渡辺氏の動向が不明。2014年の際は、堀以外は下草も多い状態で・・・・・初め...

鷹留城2016 群馬県

鷹留城跡は明応年間(1492~1500)に長野業尚によって下室田町字城山の地に築城され、永禄9(1566)年に武田信玄との戦いで落城するまでの間、長野氏四代の居城として構えられました。城跡は南北430メートル、本丸の高さは東側の谷から70メートルあり、山城の規模としては県内でも有数の大きさです。また、本丸跡をはじめ大手口、井戸、水路や各種遺構が原形を残している貴重な史跡です。人気ブログランキング...

北の城 2014 長野県

北の城は、築城年代や築城者については詳細なことは定かでないが、室町時代にこの地の地頭職であった中越氏に関係する城だと伝えられている。城は単郭式の縄張りだが、北と東が険しい崖で、南と西は空堀を巡らして防衛線としてる。 曲輪の周囲には土塁を巡らし、西側に虎口が設けられていた。お城巡りランキング...

上泉伊勢守菩提寺 群馬県前橋市

室町時代後期の兵法家。名は秀綱,のち信綱。上野箕輪城主長野業盛に仕え,愛洲陰流刀槍を学び,神陰流を創始した。永禄6 (1563) 年2月業盛の死後,武田信玄に仕えたが,剣法修行のため諸国遊歴の旅へ出た。門人には,柳生宗厳,疋田文五郎,神後伊豆守らがおり,いずれも一派を形成した。特に柳生宗厳の新陰流がその子宗矩にいたって江戸幕府の保護のもとに強大になると,上泉伊勢守は剣聖と仰がれ,近世武術の祖といわれるように...

太田金山城 2014 群馬県

城址碑 太田金山城標高239mの金山山頂の実城(本丸)を中心に、四方に延びる尾根上を造成、曲輪とし、これを堀切・土塁などで固く守った戦国時代の山城です。特筆されるのは、石垣や石敷きが多用されていることで、従来、戦国時代の関東の山城に本格的な石垣はないとされた城郭史の定説が金山城跡の発掘調査で覆されました。 主な曲輪群は実城・西城・北城(坂中・北曲輪)・八王子山ノ砦の4箇所ですが、山麓にも、城主や家臣団...