FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

古城巡り 写真館

丸山古墳 2019.3.31

・・・・・・・ちょい早かった、丸墓山古墳の桜...

丸墓山古墳の桜 2019

・・・・・・・・・少し早かった、丸墓山古墳の桜・・・・・・・丸墓山古墳の桜 直径105メートル、高さ18.9メートル。 遺骸を納めた石室など埋葬施設の主体部は未調査だが、墳丘表面を覆っていた葺石や、円筒埴輪、人物埴輪などの埴輪類やが出土しており、これらの出土遺物の型式から築造年代は6世紀の前半と考えられている。 1985年(昭和60年)から1987年(昭和62年)にかけて墳頂部と墳丘東側を中心に整備が行われた。また、周...

喜多院・仙波東照宮・中院・・・・桜? 埼玉県川越市

喜多院・仙波東照宮・中院慈覚大師が830年(天長7)に創建した天台宗の名刹で、正式には星野山無量寿寺喜多院という。江戸時代初期、名僧天海大僧正が住職をつとめた寺として、また江戸城から移築された三代将軍徳川家光・春日局ゆかりの建物をはじめとする、多くの文化財を所蔵している喜多院の名は川越をというより、埼玉県を代表する寺院として全国的にも有名である。徳川家康の信任を得ていた天海僧正が第27世住職になると、幕...

前玉神社 埼玉県行田市

前玉神社の鳥居前玉神社槙(まき)   行田市指定文化財 1964年1月指定 入り口に植えられている大木は「イヌマキ」と称される常緑の高木の雄木。御嶽山進行の奉納植樹のご神木。推定樹齢600年、樹高20m、目通り幹周4m、根回り5.5m現存する槙としては埼玉県内最大の木です前玉神社は「延喜式」(927年)に載る古社で、幸魂(さいわいのみたま)神社ともいいます。700年代の古代において当神社よりつけられた【...

忍城 櫻はまだ・・・・・ 2019.3.25

・・・・・・忍城の桜は、まだでしたが暖かく良い天気、週末には咲くかな?そうそう、先日のTV「お城総選挙2019」では忍城が27位!!基本天守が有り(復元・模擬も含む)一般的な知名度が有るですかね?・・・・途中で爆睡でした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?武蔵武士の中から、現在の熊谷市上之を本拠地とする成田氏が台頭し、忍城を築城しました。文明11年(1479)の古河公方足利成氏(あしかがしげうじ)の書状に「忍城」、「成田」とでてくること...

関山満願寺 福島県白河市

不動明王と金名水・・・ここまでくれば、満願寺はもうチョイです!!関山満願寺 山門跡白河市の南東にある標高619mの関山山頂に満願寺があります。天平2年(730年・奈良時代)聖武天皇より勅願を賜った高僧・行基によって開山されました。本尊として、天皇の持仏である聖観音像が納められていたと伝わっています。幾度も起こる山火事のたびに再建が繰り返されており、現在は「聖武天皇御願所」と書かれた額と銅鐘が残るのみです。こ...

福島県白河市城館 ダイジェスト

白川城 白河関/関ノ森城 関山城 ㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/...

白河関/関ノ森城 福島県白河市

白河関/関ノ森城㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/設置時期は明らかでない。『類聚三代格』承和2年(835年)太政官符では、白河・菊多(勿来)の関を設置して以来400余年と見え、承和2年当時には5世紀前半の設置と認識されていた。 六国史における白河の初出は718年(養老2年)5月2日 (旧暦)に陸奥国から「白河」など5郡を分割して石背国を設置するという記事で、その後728年(神亀5年)4月11日 (旧暦)には白河軍団の新設を許可、そし...

白川城改 福島県白河市

㊟現地説明板を参考にしました♪(o・ω・)ノ))白川城は、東北本線白河駅より東へ約3Kmの藤沢山にあり、通称「搦目(からめ)城」ともいわれている。阿武隈川と社川の支流である藤野川に挟まれた、標高約400m級の丘陵地を利用し築かれた、中世の山城である。史跡の面積366,597.43平方メートル。文治5年(1189)源頼朝の奥州征伐に参加し,功名をたてた結城朝光は、その恩賞として白河庄の地頭職(じとうしき)を与えられた。その後、...