fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

犬飼城 栃木県宇都宮市

㊟イメ-ジ図になります♪(o・ω・)ノ))...

逆井城 茨城県坂東市

㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノ...

羽生城を探る 埼玉県羽生市

1546年(天文15年)に築かれ、1614年(慶長19年)に廃城となった。三方を沼に囲まれた平城であったとされるが、現在はその遺構は全く残っておらず、東谷天神社の敷地内に「羽生城址」と書かれた碑と「城橋」の碑があるだけである。約70年間の短い城史であるが、その間上杉謙信ただ一人を主人としていた。城主は広田直繁と木戸忠朝兄弟、自落後は忍城城主成田氏、大久保忠隣であった。 羽生城の面積は24町歩(約24ha)とされ、北は城沼落し...

犬飼城2018 栃木県宇都宮市

犬飼城2018宇都宮市上欠町根古屋に所在する城跡。別名根古屋城。姿川と武子川に挟まれた台地の最南端部に位置し、城の東側は崖となっている。1379(康暦元)年に小山義政により小山城の支城として築かれたと伝えられている。元亀年間(1570~1573年)の初め、小山弾正少弼秀綱のときに北条氏政に攻められたため父・政長を助け奮戦したが敗北。その後は北条氏に属した。1573(元亀4)年犬飼能登守康吉が城主となり犬飼12郷を領したが、宇...

逆井城2018 茨城県坂東市

㊟イメ-ジ図になります逆井城2018水面に映る、井楼矢倉下野国(現栃木県)の祇園城主の小山義政の五男常宗を始祖とする逆井氏が築いた。逆井氏はその後、古河公方家に仕えたが、1536年(天文5)、逆井城は北条氏康の部将の大道寺氏の攻撃を受けて落城し、城主の逆井常繁は討ち死にした。北条氏はこの城跡に飯沼城を築き、1577年(天正5)には、玉縄城(神奈川県鎌倉市)の北条氏繁が城主となって大規模な改修を行って規模の大きな...

太田金山城2018 群馬県太田市

金山城 大手から実城へ西城から日ノ池迄大手口から実城迄新田金山の頂上にある山城であり、現在は、本丸跡とされている地点に新田神社がある。背後の斜面には石垣の一部が遺存しており、往時のようすを現在に伝える。関東平野を一望に収めることができ、西方は一段低くなっており「日ノ池」「月ノ池」がある。西南には二の丸跡、三の丸跡と呼ばれる曲輪が残り、これら曲輪につながる尾根群には堀切が設けられている。 また南曲輪...

彦部家住宅 重要文化財2018改 群馬県桐生市

彦部家住宅2018改彦部家住宅後方の山が手臼山砦、加茂神社から句碑の道という遊歩道が有り、ここから15分程度行けます。手臼山の麓に位置する。山裾以外の三方に土塁と堀を設け、南の大手口に長屋門、北の搦手口に櫓台を築いた中世の屋敷構えを残している。主屋や長屋門は江戸時代に建てられたものである。 彦部家は家蔵の「高階朝臣家譜」によると、天武天皇の長子である高市皇子を祖とする。高市皇子から六代目で臣籍降下し高階...

加茂神社 群馬県桐生市

賀茂神社の創建年の詳細は不詳ですが崇神天皇(第10代天皇・在位:紀元前97~紀元前30年)の時代に豊城入彦命(崇神天皇の第1皇子・上毛野君や下毛野君の始祖)が東国鎮護のため山城国に鎮座する賀茂別雷神社の分霊を勧請したのがはじまりと伝えられています。格式も高く延暦15年(796)に官社に列せられると元慶4年(881)には正五位下勲十二等を授かり、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内社とし...

桐生氏菩提寺 西方寺 群馬県桐生市

桐生氏菩提寺 西方寺 本堂 西方寺の創建は鎌倉時代の安貞年間(1227~1229年)、野州(現在の栃木県)の領主だった宇都宮頼綱(実信房蓮生)が出家、その親類縁者により堂宇(阿弥陀堂)が建立されたのが始まりと伝えられています。正平5年(1350)、当時の領主、桐生国綱が桐生城を築城した際、阿弥陀堂を改めて寺院として境内を整備し歴代の菩提寺とし寺号を「入道人西(国綱の称号)」から「西方寺」に改めまし...

梅原館 群馬県桐生市

梅原館に建つ 薬師堂平安時代末期から鎌倉時代の初めにかけて、この地を根拠と定めた足利俊綱の家臣桐生六郎(前桐生氏)の館跡推定される場所である。その後室町時代になって桐生城が築城されるに及び、領主の居住地は山麓の居館に移る事になり、この地は下屋敷になっていたものだろう。そしてこの地を起点に町屋造りが行われたと考えられる。現在南側一部、北側に大部分、西側一部土塁が明らかに存在し、その外側に大部分は埋没...

唐沢山城の石垣 栃木県佐野市

唐沢山城の石垣栃木県南部の唐沢山一帯に広がり、山頂本丸の標高は242mを有します。山麓(さんろく)に広がる根小屋(ねごや)地区との標高差は約180mです。築城の時期については、下野の藤姓足利氏が「佐野庄」を統治、鎌倉時代に入り佐野氏としての勢力を拡大しつつ、その後、群雄割拠の時代的背景の中、山城を築き上げていったものだと考えられています。また北関東に数少ない高石垣が残ります。今回は、主要郭と石垣のみをまとめまし...

【新田荘遺跡】 群馬県太田市

新田荘遺跡 案内図新田荘巡り 壱新田荘巡り 弐群馬県太田市にある荘園跡。新田荘は平安時代末期の12世紀中ごろに成立。源義国(源義家の子)を父とする義重が、現在の太田市西部の早川流域・石田川流域を再開発して19郷を支配下に置き、その後さらに39郷を開発して荘園化した。新田義貞は義重から数えて8代目にあたり、この地には1333年(元弘3)に義貞が後醍醐(ごだいご)天皇の命を受けて鎌倉幕府を滅ぼすために兵を挙げたとさ...

上原城 長野県茅野市

上原城㊟イメ-ジ図になります国武将の諏訪氏の居城。1466年(文正1)ごろ、頼岳寺の背後にある金毘羅山(標高978m)の中腹に居館を建てたのが起源で、その後諏訪氏は、甲斐の武田晴信(武田信玄)に滅ぼされるまでの5代70余年にわたり、この城を居城として諏訪一帯を支配した。1542年(天文11)に、晴信により諏訪頼重が滅ぼされると、諏訪一帯は武田氏の領国となり、上原城には重臣の板垣信方など諏訪郡代が入城した。武田氏に対...