FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

初冬の桃色!!

_DSC4865.jpg

スポンサーサイト



箕輪城・完成!郭馬出西虎口門!!

_DSC4864郭馬出1

鷹留城の入り口標柱

_DSC4670改1

右手の奥が鷹留城、左の銀杏の木が松山城

_DSC4817改1松山と鷹留

旧下田邸書院&堀部安兵衛作庭園

旧下田邸書院及び庭園は、箕輪城主長野氏の重臣であった下田大膳正勝の子孫が落城後この地に土着し、代官として居を構えた屋敷跡です。かつて3町歩にも及んだとされる広大な敷地にあった建物のうち、江戸時代の書院が残り、庭園とともに貴重な近世の様式を今に伝えています。
指定種別:群馬県指定重要文化財
名称:旧下田邸書院及び庭園

_DSC4830改


_DSC4829改


_DSC4847改


旧下田邸書院

書院は、平屋造り、切り妻で東に玄関があり、下の間12畳半と上の間10畳により構成されています。式台を設けた玄関など武家屋敷としての格式を備え、また、木の皮の面を残したいわゆる面皮柱を用いるなど随所に数奇屋風の意匠が見られます。ブドウとリスを透かし彫りで表現した欄間の彫刻も繊細かつ優美なつくりで書院の風格に彩りを添えています。

_DSC4831改


_DSC4833改


剣豪堀部安兵衛作庭園
県内では数少ない江戸時代の庭園で、忠臣蔵で名高い剣豪堀部安兵衛が作庭したといわれています。園内にはアカマツ・ヤマモミジなどの樹木が植栽され、城郭風に石垣を配した池の中には、蓬莱島、または亀島と呼ばれる島や水鳥の形をした石があります。素朴な中にも四季折々の表情を持つこの庭は、「青翠園」の名で親しまれ、数多くの文人墨客が訪れました。


_DSC4832改


_DSC4834改


_DSC4843改


_DSC4842改




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

鷹留城~長年寺長野氏墓所

鷹留城~長年寺長野氏墓所





初冬迫り来る、鷹留城と長野氏墓所を御覧下さい


_DSC4825.jpg


_DSC4671.jpg



にほんブログ村

箕輪城~祝・郭馬出西虎口門!!

箕輪城 搦手から御前郭北堀





箕輪城 稲荷郭北堀から御前郭






箕輪城は榛名山東南麓の丘陵上を中心に、北東と南西の平地部を含んだ戦国時代の平山城(ひらやまじろ)です。東西約500メートル、南北約1,100メートル、面積約36ヘクタール(史跡面積=約19ヘクタール)におよぶ西上野(にしこうずけ)の中核的な城郭です。北西から南東方向にのびる尾根上に主要な曲輪(くるわ)を直線的に配置し、さらにこれを核にして多数の曲輪を線対称状に配置しています。これらの曲輪を区画しているのは、本丸周囲を巡る最大幅40メートル、深さ10メートルに代表されるような広大な堀です。
西暦1500年前後に長野氏が築城し、その後4代にわたって長野氏の本拠でした。武田氏の西上野侵攻に際して、長野氏はこの箕輪城を本拠にして最後まで抵抗しました。永禄9年(1566)に武田信玄に落とされるとその後は、武田氏(1566~1582年)、織田氏(1582年)、北条氏(1582~1590年)、徳川氏(1590~1598年)と次々と主(あるじ)を変えましたが、その度に各大名の有力家臣が城主として配置されています。特に最後の城主井伊直政(いいなおまさ)は、徳川家康の家臣のなかでは最大石高の12万石で封じられています。その8年後の慶長3年(1598)、井伊直政は城を高崎に移し、箕輪城は廃城になりました。



_DSC4926.jpg



_DSC4869改



_DSC4924.jpg








にほんブログ村

上州 松山城~武州松山城の上田氏築城!!

上州 松山城






松山城跡は下室田小学校北西の山上にあります。金毘羅神社がある部分がかつての本郭で、東西約32メートル、南北約17メートルの楕円形をしています。本郭とその東側にある第2の郭が城の主要部となり、その周囲に階段状に郭が形成されています。
天正10(1582)年、神流川の合戦に敗れ伊勢へ退去した滝川一益に替わり、後北条氏が西上州へ進出しました。松山城は、この時吾妻方面攻略の拠点として後北条氏の家臣である上田朝直の子信善により築かれました。城の名は、上田氏が武蔵国松山城主であったことにちなむと言われています。


松山 標柱



松山城遠景




大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




にほんブログ村

松平郷&井伊谷&掛川城を巡る

松平郷&井伊谷&掛川城を巡る


真名子城/赤壁城  宇都宮元網築城

真名子城/赤壁城 






真名子城/赤壁城 







赤壁城は宇都宮氏の出城として築かれ、宇都宮氏の庶子である岡本元綱が入城した。赤壁城は皆川氏に対する備えであったが、後に岡本氏は皆川氏の養子を迎え入れた為、結局皆川氏の属城となった。豊臣秀吉の小田原征討の時、赤壁城主岡本氏は皆川広照と共に小田原城に籠城したが、皆川氏は後北条氏に見切りをつけて投降した為所領を安堵された。しかし岡本氏はその直後に病死した。

真名子城の向かいには西方城見える、以前登城の時には猪対策の柵は無く簡単に城址へと行けたが今回は二重堀切側からの探索をし前回見ていなかった西尾根と北尾根の遺構を確認・・・・・そして石切場にて猪とご対面、今年2回目(@_@)でした。



真名子城遠景


真名子主郭


真名子二重堀切


真名子居館



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




にほんブログ村




猪
㊟本当に居ます((+_+))