fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

古城巡り-2015 Best Selection

2015best selection 古城巡り-2015 Best Selectionの完成ですにほんブログ村...

古城巡り 城館リスト 十五 2015年12

城館リスト 十五 2015年12三回のショ-ケス作品に当選で、三年連続となりました。城館リストですので、随時追加していきます。にほんブログ村...

古城巡り 栃木県栃木市城館 2014年5月31日

栃木県栃木市城館 2014年5月31日初夏の栃木県栃木市に残る、謙信公の軌跡を発見・・・・・・・・にほんブログ村...

古城巡り 長野県箕輪町城館 2013年7月27日

長野県箕輪町城館 2013年7月27日長野県箕輪町を夏の強い日差しのもと、訪れた城館です。にほんブログ村...

城館リスト 15  

城館リスト 十五デジブックショ-ケ-ス作品です、リストですので随時追加しますにほんブログ村...

改新府城  山梨県韮山市

天正9年(1581)に武田勝頼によって築城されました。城は未完成でしたが、同年の9月頃には友好諸国に築城が報じられ、12月24日に躑躅ケ崎館(武田氏館跡 山梨県甲府市)からの移転が行われました。しかし、天正10年3月3日、勝頼は織田軍侵攻を目前にして自ら城に火を放ち退去し、3月11日に田野(山梨県甲州市大和町)において、夫人と息子信勝ともに自害し、武田氏は滅亡してしまいます。 その後、同年に徳川氏と北条氏による...

武田信義館 山梨県韮山市

武田信義館 Google 鳳凰山願成寺の創建は宝亀2年(771)、権大僧都心休了愚法印が京都祇園寺の末寺として開かれました。当初は草庵でしたが延長6年(928)、堂宇を建立し地蔵菩薩を安置、寺院として願成寺が成立しています。その後、衰退しましたが平安時代末期、この地の領主となった武田信義(源清光の次男、武田家4代当主)が中興し京都の仏師が製作した木造阿弥陀三尊を奉納、祈願所として庇護しています。周囲には...

白山城(鍋山城) 山梨県韮山市

白山城 Google鍋山砦、要害城 と呼ばれており形式は山城である。現在は山林になっており、曲輪、土塁、横堀、堀切、竪堀、説明板などの遺構が残っている。登城口から主郭までは約10分程で到着する。 本丸は約25m四方程の広さがあり、土塁が巡る。この南側にある二の丸との間には横堀が掘られ、西側には堀切が2本見られる。 甲斐源氏の祖源清光の子武田信義が生地逸見から分封して武田庄の庄官となり、武田八幡宮で元服して武田氏...

扇子平山城 山梨県韮山市

扇子平山城 Google伝承では武田二十四将に数えられる甘利左衛門尉昌忠が築いた要害とされる。平素の居館は大輪寺のある場所に置かれ、有事の際に立て籠もる城として築いたのだろう甘利氏は甲斐源氏の始祖武田信義の子で、甲斐国巨麻郡余戸郷に比定されている甘利荘を本貫とした一条忠頼の子行忠を始祖とする。行忠は甘利荘内に館を構えて甘利氏を称したという。館跡は現在の山梨県韮崎市旭町上条北割の大輪寺境内にある。鎌倉時代...

九度山から決戦の地大阪!!

獅子奮迅 眞田幸村眞田昌幸、幸村の蟄居の地九度山から徳川との闘いの為大阪へ・・・・・・・・(和歌山城はおまけです)にほんブログ村...

和歌山城 和歌山県和歌山市

こんもりと緑茂る虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえ、御三家の威容にふさわしい風格を醸し出しています。 和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。その築城を担当したのが、築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)でした。 まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長(あさのよしなが)が...

大阪城 大阪府大阪市

現在の大阪城は江戸時代に建てられたもので、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などもすべて徳川氏、江戸幕府によるものであることが確認された。大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。元々は古墳時代の古墳があったと言われ、戦国時代末期から安土桃山時代...

眞田丸を歩く!!終焉の地

豊臣秀吉が築いた大坂城は上町台地の北端に位置し、周囲を淀川、大和川などに守られた堅城であったが、南方だけは平坦な台地に空堀を設けたのみで、防御が手薄であった。1614年、豊臣氏と徳川方が一触即発状態となり、大坂方は諸国から浪人衆を集める。幽閉中の高野山から脱出して大坂城に入城した真田信繁は、積極的な出撃を主張するが、大坂方は篭城策を採る。信繁は1600年(慶長5年)に、父の真田昌幸が指揮した信濃国上田城(...

真田庵~善名称院  和歌山県九度山町

善名称院、真田庵とも呼ばれ、真田幸村父子の屋敷跡に建てられたお寺。本尊に延命子安地蔵菩薩を祀り、かつてはお地蔵さんとして賑わいをみせたこともあったそうです高野山に蟄居(ちっきょ)を命じられ、信州より、紀州へとやってきました。高野山での生活は寒く大変だったため、麓の九度山町で生活したのではないかと言われています。真田昌幸は、この九度山町にて亡くなり、息子である幸村は、父の供養のために、森の中に宝篋印...