fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

上杉家廟所(側室菩提寺) 極楽寺 山形県米沢市

「極楽寺」は米沢城の東側に造られた「東寺町」の一角にあります。敷地面積は1,000坪にも及び東寺町の中核をなす大きなお寺です。境内には第二代上杉景勝公側室の桂岩院様(第三代上杉定勝公生母)をはじめ、第五代綱憲公、第九代重定公の側室様が眠っておられます。桂岩院様が第三代上杉定勝公を出産されたのは慶長9年5月のことでした。その僅か3ヶ月後、桂岩院様は米沢城内で急死されます。家臣達の間ではこの年の2月に...

川俣事件衝突の地 群馬県明和町

明和町指定史跡川俣事件衝突の地平成十一年十二月二十八日指定所在地 明和町川俣五五八番地所有者 水資源開発公団 足尾銅山の鉱毒に苦しめられた渡良瀬川流域の農民は、明治三十三年二月十三日、鉱業停止を求め東京へ向かうが、その途中、この地(橋付近)で警官隊と衝突した。これが、川俣事件である。 当時の佐貫村長や村民は、負傷した農民を真如院にて手厚く介護したということである。平成十二年二月明和町教育委員会衝突の地...

戊辰薩摩藩戦死者墓 2021.9.13

この地は、小峰城本丸の東にあたり鎮護神(ちんごじん)山と称する場所である。戊辰戦争において各地で戦死し、白河の松並や本町の長寿院、あるいは三春町・いわき市平にあった薩摩藩士の墓を、大正四年(一九一五)に合葬して建てたものである。台石には各藩士の氏名や戦死場所・所属隊名が刻まれている。表面の題字は、松方正義の筆である。 白河観光物産協会 案内板より人気ブログランキング...

キリシタン殉難之地 福島県猪苗代町

キリシタン殉難之地 入り口蒲生氏郷はレオ氏郷の洗礼名を持つキリシタン大名であったため若松・猪苗代・南会津・郡山・三春・白岩・糠沢・二本松・福島にキリスト教が広まりました。しかし、寛永9年<1632>会津藩15人、白河藩13人、二本松藩14人など多くの信者が処刑されました。土津神社から磐梯神社へ行く途中の山にあります。(直ぐ側に、服部安休の墓が、墓地の中に有ります)2021.7.25大きい地図・ルート検...

摺上原古戦場と三忠碑

摺上原古戦場1589年(天正17)米沢城を出陣した伊達政宗は、会津黒川城を本拠とする蘆名義広と雌雄を決すべく、5月3日本宮城に着陣、4日に安子島城、5日に高玉城を攻め落とした。次いで政宗は猪苗代へ向かうが、義広の重臣猪苗代盛国にかねてから内応工作を行っており、6月4日頃、猪苗代城に入城する。6月5日、盛国の謀反を知った義広は黒川城を発し、高森山に布陣する。これに対し政宗も磐梯山麓の八森山に本陣を置いた。当初摺上原...

謙信平と天狗党 栃木県栃木市

上杉謙信と、小田原の北条氏康は、当時の大中寺住職虎溪和尚の斡旋により、永祿11年(1568)9月、大中寺において和議を結んだ。そのあと、上杉謙信は太平山に登り、兵馬の訓練を行い太平山上から南の関東平野を見渡し、あまりの広さに目を見張ったという故事から謙信平の地名が生まれたいわれる。茶店が並ぶ南側には、水戸天狗党の鎮魂碑がある。「おもう、むかし勤王の士 義旗をこの地にあげ 方今よりて無事 石に題す」 と刻ま...