FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

古城巡り 写真館

上泉伊勢守菩提寺 群馬県前橋市

室町時代後期の兵法家。名は秀綱,のち信綱。上野箕輪城主長野業盛に仕え,愛洲陰流刀槍を学び,神陰流を創始した。永禄6 (1563) 年2月業盛の死後,武田信玄に仕えたが,剣法修行のため諸国遊歴の旅へ出た。門人には,柳生宗厳,疋田文五郎,神後伊豆守らがおり,いずれも一派を形成した。特に柳生宗厳の新陰流がその子宗矩にいたって江戸幕府の保護のもとに強大になると,上泉伊勢守は剣聖と仰がれ,近世武術の祖といわれるように...

結城家御廟所  茨城県結城市

室町時代に結城氏の居城となった結城城跡の南東に,20基の五輪塔が立ち並ぶ一角があります。そこは,結城氏初代の朝光から16代の政勝までの16人の歴代城主の霊を祀った御廟所で,もとは結城城内にあったものを,天文22(1553)年,政勝が慈眼院を建立して移したものです。 慈眼院は,江戸時代まで乗国寺に属していましたが,今は廃寺となり,小高い丘には結城家御廟が残されました。見事な五輪塔が立ち並ぶ墓の周囲には,土塁や堀が...

伝佐原十郎義蓮の墓 福島県喜多方市

保延4年(1138年)、三浦大介義明の七男として三浦半島に生まれ、源頼朝による奥州征伐のおり、功を立てて会津最初の領主となり、耶麻郡熱塩加納村の半在家に居城を築きました。現在も熱塩加納村に墓と伝えられる宝篋印塔があります。佐原十郎義連の系図長男経連→猪苗代氏を名のり、現 耶麻郡猪苗代町に拠を構える。次郎広盛→北田氏を名のり、現 河沼郡湯川村に拠を構える。三郎盛義→藤倉氏を名のり、現 河沼郡河東町に拠を構える...

忍藩主松平家墓所 埼玉県行田市

海東山天祥寺、藩主松平家の菩提寺。天保七年(1836)松平忠尭がこの地に造営した。堂塔壮麗で異香が漂い、清浄寂寞とした霊場である。忍蕃松平家墓所  海東山天祥寺、藩主松平家の菩提寺この墓地は、忍藩主松平忠堯、忠国、忠誠のもので、松平氏は文政6年(1823)3月に忍藩主として桑名から移封(いほう)となり、天祥寺を菩提寺として建立しました。墓石の形は皆同じで、高さ4.5m、台石を三重に積んだ上に石の玉垣を巡らせています...

可児家墓所 埼玉県行田市

天祥寺門前の杉林の中にある(現在は有りません)。可児才蔵(かにさいぞう)は小田原攻めや関ヶ原の戦いで活躍した人で武勇で有名。福島正則の家臣であったが後に阿部侯に仕え、子孫が現存する。可児家墓所 埼玉県行田市墓石上部に蟹!!可児才蔵の名が読み取れる!歴代当主は、可児才蔵の名を・・・・・?児才蔵吉長は美濃の出身と言われています。はじめ斎藤龍興に仕え、斉藤家が織田信長に滅ぼされて以降は織田信長家臣の元を...