FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

古城巡り 写真館

岩塚城  愛知県名古屋市

岩塚城 Google斯波氏の一族吉田治郎左衛門重氏が住み、代々長く栄え、元氏に至り、織田信長に仕えた。1568年信長の伊勢侵攻の際、「大河内城攻め」で元氏は戦死。元氏の子九郎左衛門は織田信雄に仕えた。1591年旧領の岩塚を領し、七所社の北西の地に住んだと云う。現在は城址跡に遍慶寺が建ち、城址碑と説明板が有る。岩塚城趾の石碑・遍慶寺岩塚城趾の石碑・遍慶寺2012.10登城人気ブログランキング...

羽黒城 愛知県犬山市

築城年代は定かではないが建仁年間(1201年~1204年)に梶原景親によって築かれたと云われる。 梶原景親は源頼朝に仕えた鎌倉幕府の重臣梶原景時の二男景高の子である。梶原氏は正治2年(1200年)鎌倉を追われ上洛するさなか、駿河国清見関での戦いに敗れて一族の多くが討死した。そのうち景高の子豊丸が乳母に連れられて羽黒へ落ちのび、長じて景親と名乗り現在の興禅寺に館を構えた。梶原氏は羽黒一帯に勢力を持ち、信長に仕えた梶原...

丸山 愛知県新城市

天正3年(1575)の長篠・設楽原の戦いの際、ここ丸山は織田軍佐久間信盛六千が守る砦だったが、武田軍右翼の馬場美濃守信房は手勢七百の少数部隊で攻撃し攻め取った。  この勢いに乗じて、真田兄弟、土屋昌次 らが馬防柵 の第一柵を突破し、大宮前激戦 へと展開していく。丸山 説明板...

天神山陣所 愛知県新城市

医王寺山武田勝頼本陣 物見櫓から見た天神山陣所1575年の長篠の合戦の際に、武田軍の一条信龍、真田信綱、真田昌輝、土屋昌次ら2,000の軍が陣を築いた。5月21日に設楽原で織田・徳川連合軍と決戦を行い武田軍は大敗。真田信綱、真田昌輝、土屋昌次は戦死した。国道257号線を進み、茶寮本陣が在る辻を右へ入って100m程進んだ左手に長篠荏柄天神社が在ります。石段を登ると、本殿と天神山陣地の説明看板、本殿裏手の山頂に展望の説...

川路城(大坪城) 愛知県新城市

設楽氏の主城で、築城年代は定かではないが応永の頃(1394~1427)という説がある。戦国期、設楽貞通 は松平元康(後の徳川家康)にいち早く従属し、天正3年(1575)の長篠の戦いでは酒井忠次の部隊に参加、その後、徳川家康の関東移封に伴って武蔵国礼羽に移り、川路城は廃城となる。  川路城に隣接するようにして小川路城、端城 があるが、何れも川路城を本城とした出城である。城趾の近くに 「お鷹井戸」と呼ばれる井戸跡が残っ...