fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

大見城 静岡県伊豆市

㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノこの地は古くから『城ケ平』と言われ、大見小藤太の居城があったところから名付けられたものです。 城の作られた時代については、はっきりとしていませんが平安時代の末の十二世紀ごろと言われています。城を築いたのは、大見平三家政か、その子の大見小藤太成家と推定されています。また、古くから山下一帯を「根小屋」と総称しています。 大見城は旧中伊豆町のやや北部、大見川と柳瀬川の合流...

田代砦 静岡県伊豆市

 ㊟イメ-ジ図になります(。>ω<。)ノ鎌倉時代、源頼朝、義経旗下の知将として名を馳せた田代冠者信綱は、この地の地頭職としてこの田代郷に居住を構え、この地域一帯を治めていたと云われる。この地に残る墳墓と砦跡は居ずと源氏の由緒にかかわる史跡の一つとして、歴史の語り部の感があり。この地が当時の牧農の中心地であったことも伺い知る事が出来る。現地 説明板より入り口向の駐車場説明板城址碑田代信綱と一族の墓...

柏久保城  静岡県伊豆市

㊟イメ-ジ図になります(=゚ω゚)ノ愛宕山山頂に位置し、西に狩野川、南二大見川、北に古川と三方を河川に囲まれた標高180mの要害の地である。又下田街道や、修善寺と伊東方面を結ぶ街道沿いに位置する交通の要衝であった。明応2年(1493)伊勢新九郎盛時(北条早雲)は、堀越館(伊豆の国韮山)の足利茶々丸を攻撃し、伊豆侵攻を開始した。明応6年(1497)、伊勢氏に従っていた(大見三人衆(中伊豆大見郷の土豪)に宛てた伊勢氏の文...

狩野城 静岡県伊豆市

㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノ狩野氏は平安時代後期の11世紀半ばから室町時代後期の15世紀まで約400年にわたり、狩野地区の領主でした。北条早雲が伊豆に攻め込んだときには敵対しましたが、後に狩野城を開城して降伏、小田原に移って後北条氏の家臣団の中枢で活躍しました。狩野城は、狩野川と柿木川合流点の南側の丘陵地に、急峻な斜面に囲まれ建っていました。深い空堀が各郭を区切るように設けられ、二重堀のあとも見られま...

修善寺城 静岡県伊豆市

㊟イメ-ジ図になります南北朝時代には畠山国清が山頂に『修善寺城』を構え、1361年(南朝:正平16年、北朝:康安元年)に弟二人と共に謀反を起し、沼津市と伊豆の国市の境界にある発端丈山の『三津城』と、伊豆の国市の『金山城』の3城で鎌倉公方勢を迎え打ち、最後は修善寺城にて籠城戦を展開したが兵糧が尽き果て、翌年(1362年)降伏した城山神社城址案内板 約20分で城址へ!!1964年(昭和39年)に地元旅館組合が中心となっ...

南条氏館 静岡県富士宮市

南条氏館は、鎌倉時代に上野郷地頭南条氏によって築かれた。 南条氏は、正慶2年の鎌倉幕府滅亡時に当主南条時光は、北条高時に従って鎌倉にて討ち死にした。妙蓮寺が南条邸跡であることは、総本山大石寺17世日精の「家中抄日華伝」に「時光の旧宅を転じて寺となす。堀之内と号す。南条の堀之内なる故なり。今の妙蓮寺是れなり。」とあることから、古来より争いはなかった。現在の境内地は、戦後の農地解放で縮小されているが、元...