FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプPhotをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

長張城 長野県小諸市

長張城 Google現在駒形神社となっている辺りが長張城とされる。 神社の境内となっている所が一段小高く、周囲に土塁らしきものが残っている詳細は不明。駒形神社社殿裏の土塁社殿脇の土塁駒形神社社殿駒形石城から見える浅間山人気ブログランキング大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...

高津屋城 長野県小諸市

高津屋城 Google県道80号線「浅間サンライン」の高津屋トンネル東側よりトンネル上部を通る広域農道に行き、左折約100m先より「高津屋別荘地」に入り、約300m行ったところに浅間神社の階段がありその上が城址となる。階段を登った先に主郭があり土塁が残り、大浅間大社の石塔や四阿、説明板が建てられている。東側に一段下がって2郭があり北から東にかけて土塁が残っている。城址への階段主郭手前の平場高津屋城の主郭...

松井愛宕山城 長野県小諸市

 松井愛宕山城 Google愛宕山と呼ばれる小高い丘に築かれている。 城の南側は、上信越道によって削り取られ、曲輪の一部も無くなってしまったようだ。 削り取られた斜面には山頂のある愛宕神社の参道の急階段が設けられていた。山頂部には愛宕神社の祠が祭られており、ここを愛宕山と呼ぶ。長軸20m程度のたいして広くない平場であるが、ここから北方にかけて、合計3段の平場が造成されている。これと、側面部との腰曲輪...

桃野城 長野県小諸市

桃野城 Google歴史的詳細は不明で有る。矢留城に居た雲之助の父大之助が築城されたとの伝承がある。遺構的には広大で、クリ-ンヒルこもろの南に堀が残り上から南北に在ったとされる堀が南端に断片的に残る。また主郭、郭2に明確に堀が2本見る事が出来、主郭には南北に数十メートルの土塁が残る。全体的に耕作地となり、廃城後には土塁や堀は崩されたと思われる。主郭主郭手前の堀 東側主郭手前の堀 西側主郭の土塁南北に延びて...

富士見城 改 長野県小諸市

富士見城 Google大井氏が滋野氏に対する備えとして築いたとする説、武田信玄が天文年間(1532年~1554年)に佐久地方へ進出した際に拠点である鍋蓋城(小諸城の前身)の支城として整備したとする説などがあります。武田氏滅亡後、徳川氏・上杉氏・北条氏に加え、真田氏が信州の支配権を争った「天正壬午の乱」の際には徳川家康の家臣である柴田康忠が一時居城としました。その後、豊臣政権下で仙石秀久が小諸城主となってからも小...

小諸城 長野県小諸市 2020.10.26

小諸城 Googleマップ武田信玄の命により山本勘助らによって縄張りがされ、原型が整備されたといわれています。城郭が城下町よりも低い場所に位置する「穴城(あなじろ)」で、これは日本で唯一といわれています。明治4年(1872年)の廃藩置県で廃城となった小諸城は、その後、小諸藩の元藩士らによって明治政府から買い戻され、大正15年(1926年)には、明治神宮の森や日比谷公園も設計した本多静六により、近代的な公園に生まれ...