fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

龍岡城 桜咲く雨 長野県佐久市

龍岡城@Google龍岡城五稜郭は、函館五稜郭とともに日本に二つしかない星型稜堡をもつ洋式城郭です。龍岡城は、江戸時代末期に田野口藩主 松平乗謨が元治元年(1864)に田野口藩新陣屋として着工し、慶應3年(1867)に竣工しました。フランスのボーヴァン将軍が考案したといわれる稜堡式築城法によるもので、突角部に砲座を設け各稜堡から十字砲火をもって攻防することを目的としています。廃藩後明治5年(1872)城は取り壊しにな...

北ノ城 長野県小諸市

  北ノ城@Googl耳取城の北の守りとして造られたと考えられるが、城主その他は不明である。城の縄張りは、台地全体が果樹園となっており、又明確な遺構も・・・・・・・・郭1の北側に土塁が残る地されるが、藪が酷く判別不能!!県道沿いの水路が堀跡とされる。北ノ城遠景 南側から県道沿いの堀跡県道沿いの堀跡全体が、果樹園の耕作地となる。この奥が郭1だが・・・・・・・・・・。推定堀跡 北東側2021.8.29大きい地...

硲城 長野県小諸市

硲城@Googl硲城は、築城年代や築城者など詳細ことは定かではない。耳取城の北、600mの位置に在り、北ノ城戸は沢を挟み隣接している。ここは森山の台地の末端部に在り川に削り残された小山が連続している。小諸から佐久、甲州へ通じる主要道路・塩川道が通過している交通の要所でもある。遺構的には、土砂取の為に郭1は消滅、郭2も大半は無くなっているが僅かながら堀跡の痕跡は残る。千曲川左岸道路の左側が郭1・・・・消滅!!...

森山城 長野県小諸市

森山城@Googl森山城は、築城年代は定かではないが森山氏によって築かれた。 大井光長の五男宗光で森山の地を分知され森山氏を称した。戦国時代の天文9年から武田氏による佐久侵攻が開始されると、森山成繁・満繁は武田氏に降った。 天正10年に武田氏が滅亡すると、森山氏は徳川氏に与した依田信蕃に従っている。森山地区の公民館一帯を主郭として、西に向けて4の曲輪が並んで配置され、それぞれの曲輪を堀で区切った縄張り...

耳取城 長野県小諸市

Googl@耳取城佐久地域にあった大井荘の地頭大井光長は岩村田に本拠を置いて、自分の子を荘内の要地に配置した。 四男行氏は弘安年間(1278~88)耳取の地に居を構えた。城を構えたのは室町時代中期の応仁・文明の大乱の頃といわれる。天文12~13年(1543~44)頃、 この地方にも武田氏が侵攻してきた。耳取城主大井安満は武田氏に降り、その後も北条氏、依田信蕃とその子松平康国に仕え、 康国の上野藤岡移封にあ...

霧久保城 長野県小諸市

霧久保城@Googl霧久保城は、築城年代や築城者など詳細ことは定かではない。しかし千曲川沿いの街道を抑える目的と富士見城と結んだ一つの防衛ラインの形成をしていたと考えられる。城址入り口には看板が有り、主要な郭には簡単に行く事が出来るが・・・・基本藪になっている。㊟イメ-ジ図になります(。>ω<。)ノ麓の道路沿いの石垣、下は新しい城址への入り口城址説明板虎口か?枡形の様な空間霧久保城主郭・・・・鉄塔と道の...