FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプPhotをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

真名板氏館 改 埼玉県行田市

真名板氏館 Google吾妻鏡においてよくその名を知られた真名板氏の館跡と伝わるが、真名板氏の出自については詳しくは分かっていない。 鎌倉幕府には「弓始、的始の儀」という正月の恒例行事があり、五郎次郎経朝はその行事で十年連続出場するという偉業を成し遂げるほどの弓の名手であったという・・・・・・・・後の真名板氏の動向については不明である。医王山花蔵院がその館跡で在ったと云われる。真名板薬師堂は、発見された...

中条氏館 埼玉県熊谷市

中条氏館 Google平安時代末期、藤原氏から出た常光は中条の地に館を構えて中条氏を名乗りました。常光の孫の家長は鎌倉幕府の評定衆となり貞永式目の制定に加わりました。常光院は建久3年(1192)、家長が祖父らの菩提を弔うため、館のを寺としたもので、現在も土塁・堀の一部が残っています。館前の堀と土塁常光院山門館碑 常光院館説明板中条氏墓 天野氏墓東側の堀、本堂裏てには土塁が残る2021.3.22再々大きい地図・ルート検索...

鉢形城 改2021.3.14

鉢形城 Google文明8年に築城され、後に北条氏康の四男である氏邦が整備・拡充を行い、関東地方において有数の規模を誇るまでの大きさとなりました。川に挟まれた断崖絶壁の上に築かれた天然の要塞であったために、武田信玄や上杉謙信をも跳ね返したと言われる堅城でしたが、豊臣秀吉による小田原攻めの際に前田利家や上杉景勝らに包囲され、攻防戦が展開。1か月余り籠城したのち、城兵の助命を条件に開城しました。鉢形城 マップ...

妻沢リュウガイ城 埼玉県飯能市

Googleマップ 妻沢リュウガイ城*歴史的詳細は不明で有る㊟イメ-ジ図になります城址入り口城址案内板沢沿いを進む・・・しかし倒木が凄まじく、右手側の尾根に直登し取り付き進んだ!!結果的に正解で、ほぼ1本道でした。尾根の分岐点(TVのアンテナ)・・・本当は明確な看板が在るはずだが・・・見当たらなかった!!この尾根のピ-クとアップダウンを幾つか繰り返す・・・・・・・いよいよ遺構への急登最初の遺構 郭5 手前が...

大河原城 埼玉県飯能市 2020.11.8

Googleマップ 大河原城この城の主郭は龍崖山の頂上にあり、その広さは長さ24m、幅15mほどです。主郭の南には、南(龍崖山公園方向)に伸びる尾根を切る形で、深さ6m、下幅2mの大規模な堀切が見られ、これが一番の見どころです。 軍荼利神社からの登り口の途中には、15m×20mほどの広さの平場が造成されており、これらのことからこの城は北が正面であることがわかります。実際に主郭からは北から東にかけての眺望が開け、眼下の名栗...

河越氏館 埼玉県川越市

川越氏館 Google河越館跡は、平安時代から南北朝時代まで武蔵国の中で有数の勢力を誇った武士・河越氏の居館跡です。河越重頼の娘が源義経の正妻になったことからも、中世武家政権を支えた河越氏の勢力が伝わります。しかし、室町時代の1367(貞治6)年に、鎌倉公方足利基氏が死去すると、河越直重を中心とする平一揆と関東地方を統治する政庁である鎌倉府と対立。ついには、1368(応安元)年に「武蔵平一揆の乱」が起り...