fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

城平砦 群馬県沼田市

城平砦@Google城平砦@イメ-ジ図城平砦は、群馬県沼田市白沢町(旧白沢村)にある、沼田荘反町城の詰め城です。その反町城は、新田義貞の三男義宗の居城で、麓の白沢町雲谷寺南にありました(現在は田畑となり遺構は消滅)。望郷ラインに沿って西側から、丸屋砦、城平砦、毛台牧砦と3つの砦が連続して配置されている。といっても、この中で明確な城郭遺構が見られるのは城平砦のみである。反町城の詰の城として機能していた城郭であ...

天神山砦 群馬県沼田市

天神山砦@Google天神山砦@イメ-ジ図天神山砦は、北側の利根沼田望郷ラインに向かう道路が、城址を取り巻くように通っているので、この道路から取り付けば、あっという間に城内である。道路の幅も広いので、車を停めるにも困ることはない。『城郭体系』によると、新田義宗が拠ったが、上杉憲顕によって攻め落とされたという・・・・・・・真実はいかに!!入口、たぶん参道(不明瞭)郭3の天神社?上から見た堀切?堀切か・・・...

天神城 群馬県利根郡川場村

天神城@Google天神城址は、弘治3年(1557)に沼田万鬼斉(顕泰)の隠居所として築かれたと言われます。過去の調査によれば、この建物は、茅葺屋根、硬目板張、床板張、縁側付、兵庫矢倉、木戸、桟があったとされ、いわゆる城郭とは異なります。この地は、薄根川と溝又川の合流点で、東と南が約30mの断崖絶壁になる天然の要塞です。明治初期までは1反近い面積があったといいますが、川の浸食により削られ現在に至りました。(昭和3...

愛宕山砦 群馬県沼田市

愛宕山砦@Google愛宕山砦 イメ-ジ図愛宕山砦は、雲谷寺の東300mほどのところにある比高30mの愛宕山に築かれていた。砦を訪れるためには、まずは雲谷寺方向を目指す。雲谷寺の方向から見ると、東側に低い尾根が張り出しているのが見える。これが愛宕山である南側にソラ-が有るので畦道から回り込み、旧参道お探しながら・・・・・結局直道を進んだ、約10分位で遺構へとたどり着けます。南西から見た愛宕山砦愛宕山砦 南...

小沢城 群馬県沼田市

  小沢城@Google小沢城は三浦系・沼田景朝が応永12年(1405)に荘田城から移り、小沢川の崖端に築いた城である。永正16年(1519)に幕岩城へ移るまでの4代114年間の居城であった。東南は小沢川の崖、西北は内外に二重に堀を構え、追手は北に開き、東側の「折」で側防されている。京都の禅僧・万里集九の旅行記には、『長享二年(1488)九月三十日、沼田館に着き鍛冶屋に宿る』とある。小沢城は沼田館・沼田城とも呼ばれ...

川田城 群馬県沼田市

川田城@Google川田城は三浦系沼田氏6代景久の4男・川田四郎景信が分家した際に築いたと伝えられる。現在の川田公民館から北は遷流寺、東は薬師堂にまでまたがる広大な地域であった。応永13年(1406)に群馬郡国分の村上出羽守に攻撃されたが、信光・信清・光清と続き、天正7年(1579)に小田原北条氏、同8年に真田昌幸の進攻で滅亡した。城は真田が再興し、山名信濃守を城主にした。同10年から15年までは北条勢の来攻で戦乱が続き...