FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photoで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます。

古城巡り 写真館

船生城 栃木県塩谷郡塩谷町

船生城 Google㊟イメ-ジ図になります(。>ω<。)ノ船生城は、宇都宮公綱の臣・君島備中守綱胤の居城であった。観応二年(正平六年・1351年)綱胤は上野那波荘で討死したという。その後、君島氏は宇都宮氏の家臣として存続した。慶長二年(1597年)豊臣秀吉により宇都宮国綱が改易され、その後君島氏も没落し、廃城となったものと考えられる。西側から城址入り口尾根への取り付き口1本目鉄塔手前の石祠1本目鉄塔、ここは...

玉生城 栃木県塩谷郡塩谷町

玉生城 Google㊟イメ-ジ図になります(。>ω<。)ノ玉生氏初代の玉生忠景(忠昌)が建長6年(1254年)に築城した。なお忠景が弘長年間に築城した説もある。 塩谷朝業の曾孫・忠景が玉生氏を名乗り、下野国塩谷郡玉生の地に玉生城を築き、玉生氏代々の居城となった。その後、玉生氏の勢力が拡大するとともに、応永16年(1409年)に時の当主勝泰が居城を宇都野城(鳩ヶ森城)に移すと、玉生城は、玉生氏の支城となった。 城は、宇...

轟城 栃木県日光市

轟城 Google鎌倉時代築造の典型的な中世豪族の居館跡。規模・形式・遺構残存状態など良好である。城跡は標高310mの鬼怒川右岸に発達した河岸段丘上に位置し、土塁の東南面は梅ケ沢まで25mほどの急崖、北西面は下の段丘面まで20mほどの急斜面、平地と接続する北東面と南西面は、幅3~4m、深さ2~3mの水壕をめぐらし、土塁の高さ1.5m~2.5mほどである。畠山重忠の末子重慶が拠ったと伝えられている。轟交差点側で、国道461号道路脇...

大宮城 栃木県塩谷郡塩谷町

大宮城 Google ㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪大宮城は、君島胤時の三男大宮胤景によって、大宮氏の創始とともに14世紀前期頃に築かれる。当初は、本家君島氏の居城である船生城の東南の守りを成す城として位置づけられていた。大宮の地は、城の南側にあった大宮城南遺跡を始めとして古くから開けた場所で、城は、西の山古墳群によって形成された既に人工的に整地されていた丘陵地帯の東側を巧みに利用して築かれ、一城別郭...

改 赤見駒場城 栃木県佐野市

歴史的経緯は不明である。しかし、佐野方面を監視できるという立地そのものがこの城の性質を示しているものと思われる。ある時期に、佐野方面の敵を監視するための番所として取り立てられたものだったのではないかと思われる。赤見駒場遠景右が赤見駒場城で、奥が樺沢城への分岐主要郭の堀切赤見駒場主郭消えゆく雲海[栃木県佐野市赤見町4779]大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...