FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプPhotをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

倉ヶ崎城 栃木県さくら市

 倉ヶ崎城 Google平安時代末期、塩谷五郎惟広により築城された。惟広は源平合戦(治承・寿永の乱)において源氏側で参戦し、元暦元年(1184年)2月の一ノ谷の戦いや文治元年(1185年)2月の屋島の戦いで戦功があり、塩谷氏の所領であった塩谷荘のうち現在の喜連川付近(当時は来連川)に相当する三千町の領地を与えられた。文治2年(1186年)に惟広は大蔵ヶ崎城を築き、また土地の名を喜連川に改める。これをもって惟広は喜...

喜連川陣屋 栃木県さくら市

 喜連川陣屋Google喜連川陣屋は喜連川頼氏によって築かれた陣屋です。豊臣秀吉のはからいにより喜連川城に入った足利国朝が急死すると、家督を継いだ頼氏は喜連川氏を称し、城の北麓に陣屋を築きました。喜連川氏は江戸幕府においても足利氏後裔という家柄を重んじられ、喜連川藩の立藩や参勤交代義務の免除など破格の待遇を受けました。なお、最後の当主である喜連川聡氏は足利姓に戻しています。喜連川陣屋は喜連川藩の政庁...

土矢蔵 石垣 唐沢山城  栃木県佐野市

土矢蔵 位置関係土矢蔵 唐沢山城山頂の西端にあり、周囲に本丸周辺よりも古い石垣塔が認められてます。かつて、矢蔵があっとされ現在も断片的で有るが石垣が残る。土矢蔵入口土矢蔵 土壇北面の石垣東面石垣 1東面石垣 1-1東面石垣東面石垣1-3レストハウス展望台より人気ブログランキング...

唐沢山城 栃木県佐野市 2020.8.15

唐沢山城 Google唐沢山城跡は、栃木県南部の唐沢山一帯に広がり、山頂本丸の標高は242メートルを有します。山麓(さんろく)に広がる根小屋(ねごや)地区との標高差は約180メートルです。築城の時期については、下野の藤姓足利氏が「佐野庄」を統治、鎌倉時代に入り佐野氏としての勢力を拡大しつつ、その後、群雄割拠の時代的背景の中、山城を築き上げていったものだと考えられています。土矢倉の石積くい違い虎口城址碑天狗岩からの...

多気山城2020改 栃木県宇都宮市

多気山城 Google古くは1472年(文明4年)に多気兵庫守の居城だったという記録がある。一方、その築城に関しては1576年(天正4年)に築城されたとの記録もある。いずれも明らかな記録ではなく、築城時期や築城者は不明とされている。 尚、1576年に上高根沢城主高根沢信濃守、下高根沢城主平八郎、弥八郎、栗賀島城主直井淡路守、小和久保城主矢口筑前守、石居城主野沢若狭守らが入城している。戦国時代末期、宇都宮氏は南に台頭す...

猪倉城 2020改 栃木県日光市

猪倉城 Google㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪猪倉城の築城については2説あります。(1) 1290(天応年間)頃、鹿沼権三郎入道教阿という説(2) 1520(大永年間)頃、鹿沼右衛門という説 1576(天正4)年、壬生徳節斉周長は壬生家の内紛に際して壬生家家臣の猪倉城 主鹿沼右衛門と共に、鹿沼城城主壬生綱雄を暗殺しました。そしてさらに壬生嫡流を滅ぼそうとしましたが逆に嫡子壬生義雄に 討たれてしまいました。(徳節斉の乱) この事件...