FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Photo Movie で見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

古城巡り 写真館

PhotoMovieにて現在の城館・史跡を紹介して行きます!!遺構の有無に関係なく・・・・・・・
城エクスポ2019

古河城 茨城県古河市






_DSC6034 (2)
現地説明板より





室町時代後期から戦国時代にかけては、古河公方の本拠となる。
享徳の乱において、第5代鎌倉公方足利成氏は関東管領上杉氏と争い、享徳4年(1455年)、今川範忠に鎌倉を占拠されると、下総古河に本拠を移した。「古河公方」の成立である。成氏の勢力範囲は、当時の渡良瀬川・利根川の東側にあった下総国・常陸国・下野国・上総国・安房国(栃木県・茨城県・千葉県)であり、山内上杉家および扇谷上杉家の勢力範囲は、反対側の上野国・武蔵国・相模国・伊豆国(群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県など)だった。さらに京都の室町幕府も上杉氏を支持、新たな鎌倉公方として足利政知(堀越公方)が東下して、30年近く両勢力は争い続ける。
古河を本拠に選んだ理由は、前面の利根川や渡良瀬川が上杉氏に対する天然の堀となり守りやすいこと、小山氏や結城氏等、成氏を支持する諸将の根拠地が近いこと、鎌倉公方家の御料所があり経済的な基盤となったことが挙げられる。成氏は当初、古河の鴻巣にあった古河公方館を居館とし、立崎の古河城を整備した後に移動した。このころ、扇谷上杉家の家宰である太田道灌は、古河城に対抗する前線上に江戸城・岩付城・河越城を築き、拠点とした。
古河公方は代々およそ130年間引き継がれ、古河は室町後期および戦国時代の関東の中心の一つとなる。永禄年間(1558年 - 1570年)には、上杉謙信と北条氏康が公方擁立争いのために本城を奪い合い、謙信を支援する関白・近衛前久が滞在した。その後、後北条氏の関東支配が確定的になると、古河公方も次第にその支配体制の一部に組み込まれ、城も後北条氏の管理下におかれた。 永禄10年(1567年)から天正年間(1573-1592年)にかけては、佐竹氏や結城氏らに対抗するため、北条氏照のもとで城の整備・拡充が進められる。なお天正18年(1590年)、小田原合戦時の「毛利文書」には、後北条氏の持城として栗橋城・関宿城がみえるが、古河城はみえないことから、最後の古河公方・足利義氏が死去したのちの氏姫期にも、完全には支城化されず、古河足利氏の本拠として別扱いされていたことが分かる。








古河公方史跡と近世古河城図
古河公方史跡と近世古河城図(現地説明板より)




古河城本丸石碑
古河城本丸石碑




現在の古河城跡
現在の古河城跡
明治末に、度重なる渡良瀬川の洪水対策を目的として、16年間の大規模な河川改修事業が始まる。このときに主要な曲輪は削平され、堀は埋め立てられて、堤防や河川敷などに変わり、城跡のほとんどが消滅した。建設機械が発達していない時代に、このように大きな城跡を徹底して破壊した例は珍しく、改修事業の規模の大きさが分かる。



獅子ヶ崎
獅子ヶ崎 土塁が残る




天正18年(1590年)、豊臣秀吉が後北条氏を滅ぼした後には、徳川家康に従って小笠原秀政が入部し、古河城の修復・拡張を行った。以後、江戸時代には古河藩の藩庁がおかれ、歴代藩主の居城となった。また、古河公方時代とは逆に、東北方面をにらみ、江戸防衛の一端を担った。
城主は幕府の要職を務めることが多く、大老の土井利勝・堀田正俊、老中の永井尚政・松平信之・本多忠良・土井利厚・土井利位などを数える。
城下には日光街道の宿場町である古河宿が展開するとともに、渡良瀬川による河川水運も発達して、交通・物流の要所となった。 徳川将軍による日光社参では、岩槻城・古河城・宇都宮城に宿泊した後、日光に入ることを恒例とし、将軍の宿城の一つとしても重視された。






古河城 追手門跡
古河城 追手門跡




お万の方 ゆかりの寺
お万の方 ゆかりの寺(境内に墓が有ります)




[茨城県古河市古河484−4]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

スポンサーサイト



逆井城 茨城県坂東市






逆井城はもともと逆井氏が治めていたといわれています。逆井常繁の代、天文5年(1536)3月3日、小田原を本拠地とする後北条氏の軍勢に攻められ、以後、天正18年(1590)に後北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされるまで、同氏の北関東進出の拠点となっていた、といわれています。
 この地は常陸佐竹氏・結城氏・多賀谷氏との領国の境目にあたり、すぐ北側にある自然の要害である「飯沼」に囲まれ堅牢を誇っていたと思われます。




改 逆井城2019 茨城県坂東市
㊟イメ-ジ図になります(。>ω<。)ノ




_DSC5203.jpg
井楼櫓は米を蒸す蒸篭と同じように、井形に組んだ方形材(ほうけいざい)を次々と組み上げた櫓です。
櫓の役割が発展・大規模化したものが近世城郭の天守閣で、城主の威厳を誇示した政治的役割が加味されています。

(*雨天からの曇天)



_DSC5172.jpg
東ニノ郭の城址碑




_DSC5141.jpg
主郭の南側の馬出


_DSC5173.jpg
この櫓門と橋は逆井城跡の発掘調査の成果を元に復元されています。橋の遺構は礎石・男柱・支柱の穴が見つかっています。また、櫓門の遺構としては、東西に3個ずつ2列で方形に結べる柱穴と雨後(うご)溝(みぞ)が見つかっています。
旧柱位置よりも西へ1m、北へ50㎝ずらされています。なお形については、資料を基に戦国時代末期の姿を想定しています。





[茨城県坂東市逆井1261]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

土浦城 茨城県土浦市

土浦城 外郭





土浦城 主要郭




土浦古絵図
土浦古絵図 駅の観光案内で貰えます(ネットでもダウンロ-ド出来ます)




平安時代、天慶年間(938年から947年)に平将門が砦を築いたという伝説があるが、文献上確かなのは室町時代、永享年間(1429年から1441年)に常陸守護、八田知家の後裔、豪族の小田氏に属する若泉(今泉)三郎が築城したのが最初である。戦国時代に入り永正13年(1516年)、若泉五郎左衛門が城主の時、小田氏の部将・菅谷勝貞によって城は奪われ、一時、信太範貞が城主を務め、後に菅谷勝貞の居城となる。しかし、小田氏は上杉・佐竹勢に徐々に圧迫され、小田氏治は小田城を逃れて土浦城に入った。その後、度々小田城を奪回するが永禄12年(1569年)の手這坂の戦いで真壁軍に大敗して勢力を失い、元亀元年(1570年)以降は佐竹氏の攻撃を直接受けるようになり、菅谷政貞・範政親子も主君小田氏を補佐したが、天正13年(1583年)、ついに小田氏治は佐竹氏の軍門に降る。天正18年(1590年)、豊臣秀吉の小田原征伐の際に菅谷範政は後北条氏と結んだため佐竹氏や徳川家康の軍勢に攻められ、主君小田氏とともに滅亡した。




大手門石碑大手門跡の石碑





浄真寺土塁 内側1浄真寺土塁 





内堀 南側
内堀 南側





関東に入った徳川家康は、土浦を次男で結城氏に養子入りした結城秀康に与え、土浦城を領内の支城とする。秀康が越前国北ノ庄に移ると、藤井松平家の松平信一が3万5千石で入封。その後松平信吉の代に5千石の加増を受ける。元和3年(1617年)、信吉が上野国高崎に転封となって西尾忠永が2万石で入封。以後、城主は西尾氏・朽木氏と代わり、寛文9年(1669年)、土屋数直が4万5千石で入封。土屋氏は、天和2年(1682年)、子の政直のとき天和2年(1682年)駿河国田中に移ったが、代わって城主となった大河内松平家の松平信興が5年後の貞享4年(1687年)に大坂城代に転ずると、土屋政直が再び6万5千石で入封。その後三度の加増を受けて9万5千石となり、常陸国では水戸藩に次いで大きな領地を支配し、以後土屋氏が11代、約200年間世襲して明治維新に至った。




本丸への櫓門本丸櫓門(太鼓門)





西櫓
西櫓(復元)




[茨城県土浦市中央1丁目13−34]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

那珂西城 茨城県城里町

那珂西城城址碑
那珂西城城址碑 主郭南西隅土塁上




完成 那珂西城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/




那珂西城




那珂西城は、那珂通辰の居城といわれたきたが、最近では、大中臣氏の子孫、時久が那珂氏と称し、この地に居城したという説が有力である。
那珂氏の後、佐竹氏に支配され、後、廃城となる。城内は、本城・中城・兵庫坪から構成されていたとされ、現在は、南西部に土塁と堀が残っている。






那珂西城 郭3 南側の堀
郭3 南側の堀




伝徳宿合戦首塚
伝徳宿合戦首塚




那珂西城@土塁
郭3 西側の土塁




_DSC0555.jpg
主郭 北側の堀(本堂裏手)





那珂西城 主郭
那珂西城 主郭(宝幢院本堂)




[茨城県東茨城郡城里町那珂西1958]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

南酒出城 茨城県那珂市

南酒出城 説明板

南酒出城 説明板



改南酒出城@ヤマシロ
㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/(現地説明板を参考にしました)
佐竹氏四代秀義が承久の乱(承久三年(1221年))の戦功で得た地に、三男義茂が築城し南酒出氏を名乗ったとされます。
南酒出氏は佐竹宗家の所領である美濃国山田郷の地頭として移住したため、一時空城となったようです。なお、南酒出氏の美濃の居城は鷺山城らしいです。佐竹氏十五代義治の子の義政が入り酒出氏を名乗りました。義忠の時に佐竹氏に従い出羽秋田に移住いたため、廃城になった。




南酒出城





郭2北西の堀
郭2北西の堀



郭1 虎口右手側の堀
郭1 虎口右手側の堀

南酒出城郭1 南側から南酒出城郭1 南側から




郭1 北側の堀郭1 北側の堀




[茨城県那珂市南酒出462]

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )