fc2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプ・・・花手水も熱い!!Photをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

中院 桜咲く2022.3.27

人気ブログランキング...

能見城 山梨県韮崎市

能見城 防塁 Google南北朝時代には甲斐守護・武田氏の一族である穴山義武が同地を本貫地とし、穴山姓を称した。穴山氏は後に本拠を河内地方へ移し、甲斐における有力国衆となる。能見城の南方約1.8kmに位置する中田町中條には新府城が所在し、『甲陽軍鑑』によれば天正9年に武田勝頼が新城の築城と府中移転を企図した際に、穴山信君は穴山郷の一部を進上したという。このため、穴山郷は穴山町から中田町中條一帯の地域を含んでい...

小諸城 現存城門 長野県小諸市

小諸城 大手門小諸城の正門として、仙石秀久によって創建されました。創建は慶長17年といわれています。華美な装飾をはぶいた質実剛健な建築は、東日本を代表する大手門建築の一つです。明治期には、民間に払い下げられ、料亭や小諸義塾の仮校舎として使用されていた時期もありましたが、平成に入って小諸市に寄贈されました。平成の大改修、復元修理を経て、仙石秀久による創建当時の姿に甦っています。三ノ門慶長期から元和期(...

大中寺七不思議 2021.6.20

伝承によれば、1154年(久寿元年)、真言宗寺院として創建されたという。1489年(延徳元年)、在地豪族の小山成長が快庵妙慶を開山に招いて再興。このときが実質的な創建とみなされる。天翁院(小山市)の中興開山でもある培芝正悦(ばいししょうえつ)が大中寺2世となった。天文から弘治の頃(16世紀半ば)、5世海庵尖智の時、後継を巡って無学宗棼(「棼」(ふん)は「林」の下に「分」)と快叟良慶の間に争いがあり、寺は2つに...

頭文字D デジタルスタンプラリ-

渋川駅前や伊香保温泉街で「頭文字D」デザインのマンホール蓋7枚の設置、マンホールカード「頭文字D ようこそ渋川市へ」の配布、デジタルスタンプラリー、渋川駅~伊香保温泉間でのラッピングバス運行などを実施!!渋川駅前に展示のパンダトレノ「頭文字D」デジタルスタンプラリー開催期間: 2020年8月1日~2021年7月31日開催内容: スマートフォンに専用アプリをダウンロード、マンホール設置箇所7か所をチェックポイントとして...

...