星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!! 2015年08月 - 古城巡り 写真館
FC2ブログ
  • 天神山城埼玉県長瀞町天神山城は山内上杉氏の重臣である藤田重利(康邦)によって築かれた城です。北条氏に降伏したあとは北条氏康の四男である氏邦に娘を娶らせ、藤田氏の家督を譲るとともに、この城も譲り渡しました。氏邦はその後、鉢形城に居城を移しますが、以降も支城として使われたといわれています。1970年(昭和45年)に観光目的として模擬天守と模擬二重櫓が建てられましたが採算あわず倒産し、現在は廃墟となっています... 続きを読む
  • 小栗城茨城県筑西市小栗平重家は地名の小栗を称して小栗氏となり、その子孫は15代まで300年余の間、栄枯盛衰の歴史の中にこの地方を統治した。14代城主小栗孫次郎平満重は、室町時代の応永30(1423)年8月2日、関東公方足利利持氏との激戦で敗れ小栗城は落城した。小栗助重は、一族の小栗貞重の元に落ちのびた後10余年を経嘉吉元年(1441)の結城合戦に、幕府軍の将として大活躍をし、論功により再び小栗城に復した。建武3年(133... 続きを読む
  • 小谷城清水谷家臣団屋敷滋賀県長浜市日本五大山城の一つに数えられる。標高約495m小谷山(伊部山)から南の尾根筋に築かれ、浅井長政とお市の方との悲劇の舞台として語られることが多い城である。戦国大名浅井氏の居城であり、堅固な山城として知られたが、元亀・天正の騒乱の中で4年間織田信長に攻められ落城した。その後、北近江の拠点は長浜城に移されたために廃城となった。現在は土塁・曲輪などのほか、先駆的に取り入れられ... 続きを読む
  • 江川代官跡 韮山城 山木(平)兼隆屋敷江川代官屋敷;主屋は解体整備がなされている又大河ドラマ篤姫のロケ地韮山城;北条早雲の居城で有り、晩年をこの城で過ぎしている平兼隆屋敷;源頼朝の挙兵の際、最初に討たれた武将の屋敷跡で遺構は宅地となり消滅*この史跡は、近距離の中に存在してます。静岡県伊豆市韮山(江川代官屋敷)にほんブログ村... 続きを読む
  • 韮山城砦群~江川砦~B地区韮山城砦群 ~天ヶ岳砦~金谷砦(F地区)韮山城砦群~和田島砦~土手和田砦韮山城砦群~上山田山付城~本立寺付城*この江川砦からスタ-トとなる( `ー´)ノ大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )静岡県伊豆の国市江川砦の大堀切天ヶ岳砦からの富士山本立寺付城を望む韮山城の麓からの夕刻の富士山にほんブログ村... 続きを読む
  • 石田屋敷滋賀県長浜市石田三成が生まれた屋敷跡に立つ石田会館。「石田三成資料室」には、石田三成像や三成の生涯を描いた絵巻パネルを展示。その他、鎧やゆかりの古文書に石田屋敷復元ジオラマなど数々の展示物があります。会館外には、「石田治部少輔出生地」と刻まれた石碑や三成の銅像もある。にほんブログ村... 続きを読む
  • 玄番尾城福井県敦賀市刃根福井県と滋賀県の県境にある柳ヶ瀬山(標高420m)の頂上にあり、北国街道と刀根越間道との分岐点に位置する。城は、天正十一年(1583)北ノ庄城主・柴田勝家が賤ヶ岳合戦時の本陣として築城される。本城は、尾根上に巧みに配置された4郭構成で、各郭には空堀や土塁で区画されるとともに、土橋や馬出し遺構で繋がっている。本丸は、高さ0.6~2mの土塁で囲まれ、東・南・西の三方には幅約12m×深度6~7mの大規... 続きを読む
  • 鎌刃城滋賀県米原市番場番場は古くから東山道(中山道)の要衝に位置しており、鎌倉時代には西遷御家人土肥氏が箕浦荘の地頭に補任されている。土肥氏は番場に居館を構え、その跡は現在「殿屋敷」と呼ばれている。しかし、戦国時代になると番場の領主は土肥氏から堀氏に代わり鎌刃城が築かれた。 『今井軍記』によると文明4年(1472)に今井秀遠が堀次郎左衛門尉の立て籠もる鎌刃城を攻めており、この頃にはすでに堀氏の城として機... 続きを読む
  • 樺沢城新潟県魚沼市樺沢城は上杉景勝生誕の地と言われています。 上杉謙信(当時景虎)は姉の綾姫(後の仙桃院)を坂戸城主長尾政景に嫁がせました。 樺沢城は春日山城から関東までの最短距離上に位置していたため、長尾政景はここを関東からの情報基地とし、綾御前(後の仙桃院)と共にこの城に居たと言われています。 結婚5年目にして当城で男子が誕生。これが後の上杉景勝です。 長尾政景が亡くなった後、綾御前は仙桃院と号し... 続きを読む
  • 豊代館栃木県佐野市豊代正雲寺地区公民館の北西、約18,000㎡の長方形の敷地に土塁が残されており、築城年代、築城者は不明となっていますが、佐野源左衛門常世の居館であったとされています。【鉢の木物語について】 今から750年ほど前、ある大雪の日の夕方近くに、佐野源左衛門常世の家を時の執権北条時頼が旅僧姿に身をやつして訪れました。常世夫婦は親切にこの僧をむかえ、暖をとらせるために秘蔵の梅・松・桜の鉢植えを折って... 続きを読む

最新記事 (サムネイル付)

城館リスト Aug 17, 2030
須影八幡神社 埼玉県羽生市 Sep 15, 2019
長光寺 埼玉県羽生市 Sep 15, 2019
源長寺 埼玉県羽生市 Sep 15, 2019
葛浜氏館 埼玉県羽生市 Sep 15, 2019

Category Bar Graph

アクセスランキング

カウンター

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

コンパクト月別アーカイブ

お気に入り