FC2ブログ
星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・PhotoMovieで見る 城館をどうぞ!!

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

古城巡り 写真館

養林寺館 群馬県前橋市

養林寺は、鎌倉時代、大胡太郎実秀が浄土宗の宗祖法然上人に帰依し草庵を建てたことにはじまり、天正18年(1590年)、徳川家康家臣の牧野康成が二万石を以って大胡城主となると浄土宗無量山月照院養林寺を創建し菩提寺としました。養林寺は度々の火災によって堂塔すべて焼失しましたが、江戸時代初期の山門、境内墓地に牧野家の墓が残っています。 現地案内板などによると、堀は二重構造であったという。境内のさらに北西側のやや...

太田金山城 2019 群馬県太田市

新田金山の頂上にある山城であり、現在は、本丸跡とされている地点に新田神社がある。背後の斜面には石垣の一部が遺存しており、往時のようすを現在に伝える。関東平野を一望に収めることができ、西方は一段低くなっており「日ノ池」「月ノ池」がある。西南には二の丸跡、三の丸跡と呼ばれる曲輪が残り、これら曲輪につながる尾根群には堀切が設けられている。 また南曲輪には中島飛行機の創設者である中島知久平の胸像が建てられ...

館林城 総構 群馬県館林市

築城については、江戸時代になって書かれたもののなかに、赤井照光によって築かれたとするものがあり、「狐の尾曳伝説」として知られているが、現在確認されている館林城について書かれた最古の古文書は、文明3年(1471年)に上杉軍が赤井文六、文三の居城である「立林(館林)城」を攻略したという記録である。 「狐の尾曳伝説」とは、赤井照光が子ぎつねを助けたところお稲荷様の化身の白きつねが現れ、尾を曳いて城の配置を教え...

箕輪城 群馬県高崎市

㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/大手門跡から観音口迄埋門跡からニノ丸迄本丸から完箕輪城は榛名山東南麓の丘陵上を中心に、北東と南西の平地部を含んだ戦国時代の平山城(ひらやまじろ)です。東西約500メートル、南北約1,100メートル、面積約36ヘクタール(史跡面積=約19ヘクタール)におよぶ西上野(にしこうずけ)の中核的な城郭です。北西から南東方向にのびる尾根上に主要な曲輪(くるわ)を直線的に配置し、さらにこれを核に...

勝保沢城 群馬県渋川市

勝保沢城㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/赤城歴史資料館~宗玄寺一帯が城域である、しかし、大部分の遺構は消滅している・・・・・・・勝保沢城主斉藤加賀守安清は、狩野筑前守安元とともに武州勝沼より一旅を挙げてこの地域の保護警備に移住し、北条氏の家臣となりて各地の合戦に参加して武功を立てた。加賀の妻は狩野安元の娘で斉藤加賀の武名は高く、関東一の勇者と称された。天正10年(1590)に浪人となり、城地の方一町を寄進し...