FC2ブログ
ようこそ!!古城巡り写真館へ(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・城館及キャンプPhotをどうぞ!!

Welcome to my blog

古城巡り写真館へ、ようこそ!!
北関東を中心に、城館をPhotoMovieにて紹介します
近年(又は現在)の城館を紹介して行きます・・・・・そしてキャンプ覚醒へ!!

古城巡り 写真館

古城巡り 写真館 城館リスト

かつて日本には5万とも6万とも云われる城が存在したと言われる。実際にはただ柵で囲われただけの砦のようなものもあり、文書に残っているのみでその存在が証されたのではないものも含まれるが、それでも相当数存在していたことは確かだ。しかし、数多くの戦や藩主の転封の度に廃城になったり破却されたりとその数は次第に減っていき、江戸後期にはその総数およそ200(天守)。さらにその後の明治維新の廃城令や戦争、火災、天災を...

キャンプ場リスト 記録

*2019年からの記録になります人気ブログランキング...

雙林寺  群馬県渋川市 2021.4.12

雙林寺  本堂文安年間(1444年 - 1449年)から宝徳年間(1449年 - 1452年)にかけて上野国の守護代である長尾景仲の開基により、一州正伊が開創した寺で一州の師である月江正文が開山となった。その後は長尾氏の保護を受け、この地域における曹洞宗の中心的な寺院に発展した。江戸時代には上野国・信濃国・越後国・佐渡国にある曹洞宗の僧録所寺院を支配する寺院であった。隻林寺の七不思議1 開山の1つ拍子木-深夜拍子木が自然...

真壁城 群馬県渋川市 2021.2.11

真壁城 Google白井城の支城として築かれ、長く越後上杉氏の配下にあり、白井長尾氏の四天王に次ぐ重臣・神谷三河守が居城した。天正十年(1582年)三河守は桂昌寺を現在地に再興し、神谷氏の居館とも云われる。その後武田氏、北条氏に属し、天正十八年(1590年)に白井城落城とともに落城、廃城となった。『渋川市教育委員会説明板』より。城址遠景城址へ、現在城址標識は無!!又ゲートボール場に有った説明板も無!!大...

箱田城 群馬県渋川市 2021.4.11

  箱田城 Google文献によると元暦元年(1184年)、木曾義仲が滋賀県の粟津で源義経に討たれた後、その遺臣であった今井氏、高梨氏、根井氏(根井行親妻子)、楯氏(楯親忠妻子)、町田氏、小野沢氏、萩原氏、望月氏、串渕氏、諸田氏等が、義仲と巴御前の子である三男木曾義基を匿い、群馬県渋川市北橘村箱田に落ち延びたとされる。木曾義基(朝日三郎義基)と箱田地衆の居館であった箱田城を箱田地衆が改修し白井城の出城...

くりの木キャンプ場 群馬県渋川市 2021.4.11~12

本日のサイト くりの木キャンプ場山間の中のキャンプ場、自然の中に囲まれ夜には渋川の夜景が堪能できます!!キャンプ場入り口管理棟 此方で受け付けをします。管理棟から見た西の高台 前回は西の高台でしたが今回は・・・・・・管理棟前のサイト本日のサイトと駐車場、この車でギリギリか!!本日サイト 東の高台E2石炉常設サイト今夜の夜景が楽しみだサイト前の風景・・・・シンボルツリ-が・・・・(´・_・`)日が沈む・・・...

黒井峯遺跡 群馬県渋川市 2021.4.11

黒井峯遺跡跡 Google子持山麓の吾妻川北岸の河岸段丘上に存在する東西約700メートル・南北400メートルの集落遺跡である。集落は榛名山の大噴火による大量の軽石・火山灰の噴出によって火災や倒壊を起こす間もなく、ほぼ瞬時に壊滅・埋没したと推定されている。1982年(昭和57年)に軽石を採石中に竪穴住居跡や古墳の跡が発見されたことをきっかけに調査が行われた。1.5から2.5メートルの厚さの軽石層に覆われた下の層より、竪穴住...

権現堂桜舞う&菜の花 20210404

人気ブログランキング...

桜散る 逆井城 20210404

人気ブログランキング...