星の数ほどの城館(*ノωノ)随時更新中・・・・・・・・・・Digi Bookで見る 城館をどうぞ( `ー´)ノ

備中松山城~現存天守 2016.7.9

備中松山城 ①






備中松山城 ②








松山城大手
大手門側の石垣~大河ドラマ「真田丸」で登場



DSC_0765_convert_20160710202012.jpg
現存二重櫓


DSC_0780_convert_20160710201905.jpg
本丸への入り口(この正面の平櫓は復元)



DSC_0792_convert_20160710201925.jpg
現存天守~備中松山城



DSC_0711_convert_20160710203027.jpg
三の丸への登城道


市街地の北端にそびえ、「おしろやま」の愛称で市民に親しまれている、『臥牛山(標高約480M)』。
北から、「大松山」「天神の丸」「小松山」「前山」の四つの峰からなり、南から見た山容が、草の上に伏 した老牛の姿に似ているとして、「老牛伏草山」とか「臥牛山」などと呼ばれており、備中松山城はその 頂を中心に全域に及んでいます。

現在、一般に「備中松山城」と呼ばれるのは、この内の小松山の山頂(標高約四三0M)を中心に築か れた近世城郭を指しており、天守の現存する山城としては随一の高さを誇ります。城内には天守、二 重櫓、土塀の一部が現存しており、昭和十六年には国宝(昭和二十五年文化財保護法の制定により 重要文化財)の指定を受けています。

また、平成六年度からはこれら重要文化財を中心に、本丸の復元整備が行われており、本丸の正面 玄関ともいえる本丸南御門をはじめ、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、土塀などが忠実にもと づいて復元されています。


鎌倉時代の延応二年(1240)に有漢の郷(現在の上房郡有漢町)の地頭に 任ぜられた秋庭三郎重信により臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことに始まります。

その後、小松山に移り、城の縄張りは時代と共に変化しますが、なかでも天正二年(1574)に起こった 「備中兵乱」時は「砦二十一丸」と呼ばれた出丸が築かれていたことが記録として残っており、臥牛山ー大要塞となっていたことがうかがえます。

当時の城主であった三村氏が滅んだ後も、毛利氏の東方進出の拠点として、またさらに毛利氏が
防長二国に退いてからも、備中 国奉行として赴任していた小堀正次・正一(遠州)父子により修改築が なされるなどなど備中の要衝としての役割を担っていたようです。

以降、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏と城主がかわり明治維新を迎えますが、現存する
天守などは天和三年(1683)に水谷勝宗により修築されたものと伝えられています。


*この松山城の二重櫓から数百メ-トル先に城が有りましたが今回はいけませんでした((+_+))



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )



にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

最新記事 (サムネイル付)

アクセスランキング

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

お気に入り

天気予報

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

最新コメント

メールフォーム